たけしのみんなの家庭の医学で紹介された医師たちが選ぶ名医とは誰?ベストドクターSP

偉人・プロフェッショナル





健康に気を付けていても、医学に詳しい医者であっても避けて通ることが出来ないのが病気です。
医師が病気になったとき診察してほしいベストドクターは誰なのか、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 医師たちが選んだ名医SP」で紹介されていたのでまとめました。

ベストドクターとはどういう人なのか?

ヨーロッパ、北米、アジアなど、世界中の医師へのアンケート調査で選ばれたドクターなんだそうです。
自分や、家族が病気になった時、医師たちが自らの命を託したいと願い選ばれた名医中の名医に病気を治してほしいと思うのは当然のことですよね?

しかも全世界に約920万人お医者さんがいらっしゃるそうなのですが、ベストドクターと呼ばれる人は0・6%しか存在せず、日本の医師、約30万人の中でもベストドクターはわずか2%ほどしか居ないようです。

とても狭き門のベストドクターですが、いざと言う時頼りになる存在ですよね。

長引く咳の完治100%?!咳に関するベストドクター

写真 2015-11-17 19 38 15

国立病院機構 七尾病院
院長 藤村政樹先生

藤村先生は咳の診断・治療のガイドラインに名を連ねている「長引く咳研究」の第一人者なんだそうです。
先生は呼吸器病学の世界に革命ともいうべき影響を与えたそうです

複数の病気がからみあっている場合もあるため、その原因を正確に突き止める検査法を20年以上の歳月をかけ確立されたそうです。

藤村先生にみてもらった患者さんは、一人の患者のために頭をひねって、一生懸命原因を追究してくださったと話していました。
他の病院のお医者さんでは解決できなかった咳が、藤村先生によって、「咳喘息(せきぜんそく)」と「アトピー咳嗽(アトピーがいそう)」という長引く咳の7割を占める2大原因だったことが分かったのです。

写真 2015-11-17 23 10 55

そして自らが開発した咳喘息とアトピー外装の検査で原因を追究し検査をした後、藤村先生から「夜にお酒を少しだけ飲んでほしい」と提案されたそうです。
いつもお酒を飲むと咳が酷くなるそうですが、その後に藤村先生からもらった薬を飲んでみたら、次の日の調子がかなり良くなったそうです。

あえて、藤村先生は咳が悪化する飲酒を提案し、薬の効果をしっかり確認したかったそうなんです。
検査だけでなく、薬の効き目までしっかりと確認してくれるドクターなら長年の原因不明の咳も解決に導いてくれそうですね!

≪町のクリニックで受けられる胃腸のベストドクターが凄い!≫は次ページへ

コメント