岩下尚史(はこちゃん)の若い頃や経歴・学歴は?オネエ?結婚は?実家や両親について

芸能人プロフィール




”はこちゃん”の愛称で親しまれ、「タモリ倶楽部」や「ホンマでっか!?TV」への出演が話題となった作家の岩下尚史さん。

2007年には、著書「芸者論:神々に扮することを忘れた日本人」で、第20回和辻哲郎文化賞を新人にして初めて受賞したことでも注目を集めました!

そんな岩下尚史さんには、オネエ疑惑が浮上しているのですが、この疑惑の真相が気になりますよね~?

そこで今回は、作家の岩下尚史さんをピックアップしてみたいと思います!

岩下尚史さんのwiki風プロフィールをはじめ、若い頃や学歴・経歴、実家や両親について紹介していきますよ~。

また、オネエ疑惑が浮上していますが、岩下尚史さんは結婚しているのでしょうか?

気になる岩下尚史さんに迫ってみたいと思います!

岩下尚史(はこちゃん)のwiki風プロフィール!経歴・学歴は?

まずは、岩下尚史さんのことを知ってもらうために、wiki風プロフィールから見ていきましょう!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=wuFzn5GuWrI

  • 本名:岩下 尚史(いわした ひさふみ)
  • 愛称:ハコちゃん
  • 別名義:宮薗 千齋(みやぞの せんさい)
  • 生年月日:1961年6月28日
  • 年齢:58歳(2020年5月現在)
  • 出身地:熊本県菊池市
  • 身長:170cm~175cm前後(※推定)
  • 体重:70kg前後(※推定)
  • 血液型:不明
  • 最終学歴:國學院大學文学部卒業
  • 家族構成:両親(父親 母親)
  • 職業:作家 國學院大學客員教授 俳優
  • 所属事務所:シスカンパニー
  • 趣味:音楽鑑賞(レミオロメンが好き) 観劇(芝居や映画)
  • 特技:能 歌舞伎 新派劇 声曲舞踊 水泳

以上が、岩下尚史さんのwiki風プロフィールとなります。

岩下尚史さんのプロフィールの中で、身長・体重・血液型は公表されていませんでした!

そのため、身長・体重に関しては推定として紹介しています。

血液型に関しては、テレビに出演している岩下尚史さんを見る限りでは、性格的にO型ではないかという声が上がっているようですね~。

確かに、岩下尚史さんのあの優しそう笑顔を見ていたら、おおらかなイメージがあるので、あながちO型というのは間違ってないのかもしれないですよ!

出典:https://www.tvguide.or.jp/news/20180709/06.html

そんな岩下尚史さんの学歴や経歴はどうなっているのでしょうか?

プロフィールを見てもらえたらわかる通り、岩下尚史さんの最終学歴は”國學院大學文学部卒業”となっています。

今現在は、國學院大學文学部の偏差値は上昇していて、偏差値55~58と言われていますが、岩下尚史さんが進学された当時は、まだそこまで偏差値は高くなかったと言われています。

ちなみに、高校は出身地の熊本県菊池市にある菊池高校を卒業されているようですね。

菊池高校は普通科と商業科があるようですが、國學院大學文学部に進学されているということを考えると、岩下尚史さんは普通科に通われていたのではないでしょうか?

2013年には、母校の菊池高校で講演会を行っているみたいです!

高校、大学と岩下尚史さんの学歴を見てみると、彼は特別勉強ができたというわけではなさそうですね(笑)。

ただ、岩下尚史さんの凄いところは学歴よりも経歴なのですよね~。

出典:https://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/2013/04/42226.html

國學院大學文学部を卒業された岩下尚史さんは、新橋演舞場株式会社に入社すると、企画室長として劇場創設の母体である新橋花街主催「東をどり」の制作に携わっているのです。

また、幕末から平成に至る東都の花柳界を調査研究され、社史「新橋と演舞場の七十年」を編纂。

そして、新橋演舞場株式会社退社後の2007年に、岩下尚史さんの名前が世に広まる出来事が起こります。

それが、「芸者論:神々に扮することを忘れた日本人」が、第20回和辻哲郎文化賞を新人で初めて受賞したことです!

この受賞は、岩下尚史さんの経歴にとって、大きなモノになったのは間違いないでしょうね~。

その後もいくつもの著書を出版する一方で、東音長坂雄太郎さんの依頼で長唄の作詞を担当されていたという経歴もあります。

また、子供の頃から能や歌舞伎といった伝統芸能に携わり、現在は一中節の宗家である都一中の相談役を務めているとのこと。

さらに、宮薗節を稽古するため稽古場に通い、千之流の浄瑠璃を皆伝して”宮薗千齋”を名乗ることを許されたそうです!

正直、ここまでの経歴に関しては、伝統芸能に全く携わったことない方には、岩下尚史さんの凄さがほとんどわからないと思います(笑)。

凄い賞を受賞した人という認識程度ではないでしょうか?

ただ、岩下尚史さんは2010年からバラエティー番組に出演するようになり、「タモリ倶楽部」や「ホンマでっか!?TV」、「5時に夢中!」といった人気番組で注目を集め、今では岩下尚史さんのことを知らない人の方が少ないでしょうね~。

さらに、バラエティー番組への出演に留まることなく、2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」では、明智光秀役で俳優デビューを飾っています!

出典:https://thetv.jp/news/detail/71692/

そして、2019年放送のドラマ「グランメゾン東京」にも出演されているのです。

岩下尚史さんの経歴を語る上で、この2つの出演は外せないでしょうね~!

 

スポンサーリンク

岩下尚史(はこちゃん)の若い頃は?実家や両親が気になる

出典:https://www.pinterest.es/pin/826058756625233932/

今現在は、”笑顔が素敵な気の良いおじさん”というイメージがある岩下尚史さん。

能や歌舞伎といった伝統芸能に携わっていたという印象は、正直あまりありませんよね(笑)。

伝統芸能に携わっていた若い頃の岩下尚史さんは、一体どんな感じだったのでしょうか?

調べてみたところ、岩下尚史さんは若い頃の自分の事を”ジャニーズの東山紀之”と言っていたとのこと。

若い頃とはいっても、さすがに東山紀之さんに似ているというのは言い過ぎだろうと思ったのですが、岩下尚史さんの若い頃の画像を見てみたら、あながち言い過ぎではなかったのです!

”ジャニーズの東山紀之”と言っていた若い頃の岩下尚史さんの画像がこちらです。

出典:https://annneme.net/iwasitamasafumi-hakotyan-aikenn-onee-gei-kekkon-wakaikoronosyasinn-2203

ちょっと画像がボケているのではっきりとはわかりませんが、確かに若い頃の岩下尚史さんは東山紀之さんに雰囲気が似ているのではないでしょうか?

30代前半の岩下尚史さんの画像はこちらです!

出典:https://miiolo.com/iwashitahisafumi-hakochan-625/2

若い頃の画像に比べると、東山紀之さんから遠ざかったような気がしますね(笑)。

ただ、若い頃イケメンだったというのは間違いなさそうですよ!

ちなみに、若い頃から多くの伝統芸能をたしなんできた岩下尚史さんですが、実家や両親がどんな人なのか気になりますよね?

小さい頃から伝統芸能をやられていたということを考えると、実家がお金持ちという可能性は高そうですよね~。

気になったので、岩下尚史さんの実家や両親について調べてみたのですが、実家や両親の情報はほとんど出回っていませんでした!

ただ、彼は一人っ子だったということもあり、大切に育てられてきたのだと思います。

そう思わせるのが、子供の頃から芝居を観るのが好きだった岩下尚史さんは、東京の歌舞伎座に行くために飛行機で移動していたとのこと。

しかも、一度や二度ではなく何度も行っていたようです!

そんなことができるのは実家がお金持ちじゃないと無理ですよね~。

また、読者や芝居などに夢中になっている岩下尚史さんに対して、運動をさせようと当時はまだ高級だった野球のグローブを父親は買って与えたというのです。

ただ、野球に全く興味のなかった彼は、ほとんど使うことはなかったようですけどね(笑)。

岩下尚史さんの両親がどんな方で、どんなお仕事をされているのかはわかりませんでしたが、実家がお金持ちということはほぼ間違いないでしょう!

 

スポンサーリンク

岩下尚史(はこちゃん)はオネエ?結婚してるの?

出典:http://orangefukuro.com/geino/iwashitahisafumi/

バラエティー番組への出演をキッカケに、”はこちゃん”という愛称で親しまれえいる岩下尚史さん。

そんな彼にはある疑惑が浮上しているのです。

その疑惑というのが”オネエ疑惑”です!

そもそもなぜ”はこちゃん”という愛称が付いたのかというと、学生時代に居候していた岩下尚史さんは、一人っ子でお坊ちゃま育ちということから、周囲に”箱入り息子”と呼ばれていたとのこと。

この箱入り息子から”はこちゃん”という愛称が付いたのですが、「タモリ倶楽部」に出演した際に岩下尚史さん自ら”はこちゃんです!”と自己紹介したことで、世間にはこちゃんという愛称が広まったと言われています。

その際に、”はこちゃんとは箱入り娘”というテロップが流れたのですよね~。

出典:https://ameblo.jp/mamoru-1111111/entry-10981655535.html

そのため、岩下尚史さんはオネエなのでは!?と疑惑が浮上したのです!

さらに、バラエティー番組で見せる岩下尚史さんの口調やしぐさがオネエぽかったために、よりオネエ疑惑が高まったと言われていますよね。

では、実際のところ岩下尚史さんはオネエなのでしょうか?

調べてみたところ、オネエ疑惑について質問された岩下尚史さんは、”男の中の男、オーソドックス”と答えていたとのこと。

出典:https://ameblo.jp/mamoru-1111111/entry-10981655535.html

あくまでもオネエ疑惑は否定し、女性が好きだと言っていたのです!

本人がオネエ疑惑を否定しているので、岩下尚史さんはオネエではない!と言ってあげたいところなのですが、さらに調べてみるとオネエ疑惑を疑わざるを得ない発言があったのですよね~。

NHK大河ドラマ「真田丸」で俳優デビューを飾った岩下尚史さんは、”自分は俳優ではなく女優だと思っている!”と言っていたそうなのです。

さらに、好きなタイプを質問された際には、”お金持ちで年下のイケメン!”と答えたとのこと。

この発言を見る限りは、完全にオネエですよね(笑)。

口調やしぐさに関しては、子供の頃から能や歌舞伎といった伝統芸能に携わってきたので、普段から女性っぽくなってしまうのは、岩下尚史さん以外にもいるでしょう。

ただ、好きなタイプが”年下のイケメン”と答えてしまったからには、オネエと断定されても仕方ないですよね!

また、「ぴったんこカンカン」で自宅ロケを行った際には、タイプだった安住紳一郎さんをお風呂場や寝室のベットに誘導していたため、やはりオネエ疑惑は本当だったと多くの視聴者は思ったでしょう。

ですが、中には”オネエはキャラでやっているだけなのでは!?”という声も上がっていましたよね。

岩下尚史さんがオネエではないというのを証明するには、結婚しているかどうかを調べれば明らかになるでしょう!

そこで、彼が結婚しているのかどうか調べてみたところ、残念ながら結婚は一度もしていなくて、今現在も独身だそうです。

ただ、結婚には至らなかったものの、過去には2度婚約まで至った相手がいたとのこと。

なぜ結婚に至らなかったのかは不明ですが、これが本当であればオネエ疑惑は晴れるのではないでしょうか?

個人的には、岩下尚史さんのオネエ疑惑は”キャラ”なのではないかと思っています。

普段の口調やしぐさは、キャラではなく素だと思いますが・・・。

世間から飽きられるか、オネエがキャラだとバレるまでは、岩下尚史さんの快進撃はまだまだ続くかもしれないですよ~。

これからも、はこちゃんこと岩下尚史さん活躍に注目しましょう!

コメント