海鰻(海ウナギ)とは?旨い店や通販や値段は?【YOUは何しに日本へ】

youは何しに日本へ




こんにちは まつりです!
わっしょーい!

6月24日の月曜日の午後18時55分から放送しているテレビ東京系「 you は何しに日本へ」という番組で、飛行機の出国ロビーで取材していると、「海ウナギの味が忘れられないYOU」に遭遇しました。

海うなぎとは何なのか?
実はかなり絶品の食べ物なんだそうです。

海うなぎとは何なのか。また美味しい店や通販や値段などを調べてみました。

スポンサーリンク

海鰻(海ウナギ)とは?値段は?

普通私たちが食べているなぎというのは主に川で捕れる鰻です。
基本的に、お店で食べられるウナギというのは 川で捕れたものになります。

しかし、海うなぎというのは、実際に「海」で捕れる鰻のことを指します。
漁師さんが船に乗って海で獲ってくる鰻と、川で取れる鰻はぜんぜん違うものなんだそうです。

「川のウナギ」は一生のほとんどを淡水で過ごすので、食べているものは、主にフナ・カエル・貝類・藻類です。
一方「海うなぎ」は一生を大海で過ごすので、エビ・カニ・シャコなどを食べて育ちいます。(贅沢な食生活!)当然ですが、生き物は何を食べて育つかで、味が全く変わってきます

出典:https://tukaerune.com/entry/unagi/

うなぎの産地(中国産とか国産)とかは気にしたことがあると思いますが、どの場所で取れたのかと言うことにこだわりはなかったと思います。

しかし、海で捕れる鰻もいるんですね~。
鰻は普通、川に遡上するものですが、川に遡上せず河口付近などの海で育つ鰻もいるそうです。

「海うなぎ」を扱っている東京の高級料亭では、¥20000以上のコース料理の中の一品に「2~3切れ」が供される模様。列記とした高級品のようです。ホームページ覗いてみましたが、う~ん、庶民にはとても無理です。もはや幻級。

出典:https://tukaerune.com/entry/unagi/

やはりなかなか捕れないものらしく、高級品のようです。
本当に貴重な食材なんですね。

特上ではあったものの、昔はそれほど珍しくなかった海うなぎ。
今は、本当にレアな食べ物のようです。

海うなぎを含む天然鰻は、大きさにかかわらず小骨が気にならない、
脂がたっぷりのっていても、脂っぽさが気にならない、軽い味が特長。
中でも海うなぎは水質や餌の違いから、匂いやクセが最も少ない。

出典:http://ajiyoshi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-3d41.html

普通のうなぎでも美味しいのに、その上を行く味ってどんなんなんでしょうね?
凄く興味深いです。

スポンサーリンク

海鰻(海ウナギ)の旨い店や通販はあるの?

残念ながら、高級品である海鰻は、通販では見当たりませんでした。
せっかく美味しい食材なら、確かに出来たてを頂きたいものです。

そこで、貴重な海うなぎが食べられるお店を調べてみました。

阿じ与志(天然とらふぐ料理・鱧料理・瀬戸内海魚料理)


出典:http://ajiyoshi.cocolog-nifty.com/

店主、すでに捌いた膿うなぎに何本も金串をさしてから、じっくり焼いてました。
焼き上がってから切り分け、カウンターで待ちわびている皆さんに出されます。

厚い身を焦がさずに、ふっくら焼かれています。山椒の芽がのってます。

熱いうちに食べましょう。ふあ~っとして、とても柔らかい。
すごく脂がのっているのに、養殖鰻のように脂っぽくない

出典:http://ajiyoshi.cocolog-nifty.com/

ただ、なかなか捕れない幻の鰻なので、事前に連絡してからお店に行ったほうが良さそうですね。

ホームページはこちらです
http://ajiyoshi.la.coocan.jp/

夜明茶屋(福岡県柳川市の海鮮料理店)


出典:http://www.mutugorou.co.jp/shokudo.html

お店では、天然物と国産の養殖物の2種類を扱っているのだとか。
有明海で捕れる海鰻も年々貴重なものになっているのだとか。

本当は、東京の高級料亭に流した方が、お店としては儲かるんだそうです。でも、少しは地元で食べてもらわないと本当に幻になってしまうので、それは悲しい

出典:https://tukaerune.com/entry/unagi/

高級旅館でなくても食べられるのが嬉しいです!
こちらも、食べられるときとそうでない時があるようですので、事前に連絡するのは大事ですね。

お店のホームページはこちらです
http://www.mutugorou.co.jp/index.html

値段は、大きさによって違うそうです。

川の鰻は、背面が黒色で、お腹が白色ですが、海鰻は、背面が青緑色でお腹が金色なんだとか。
とても高級感のある色ですね!(笑)

こちらのお店では、海鰻の香りを楽しめるよう、蒲焼ではなく白焼きで提供されるそうです。
海鰻には、白焼きのほうが美味しく頂けるんだとか。

幻の海鰻、一度食べてみたいですね~!

スポンサーリンク

海鰻(海ウナギ)がYOUは何しに日本へで紹介されます

紹介したお店以外にも、海鰻が食べられるお店はあるようです。

こちらのお店でも報告が…

YOUは何しに日本へに出演したYOUはどんなお店で、海鰻を食べたんでしょうか。
外国の方にも、美味しいと言ってもらえる日本の味、大切にしたいですね!

コメント