山岸順一(国立情報学研究所・准教授)の音声合成研究で恩田聖敬社長の声が蘇る?

偉人・プロフェッショナル





国立情報学研究所・准教授の山岸順一さんがTBSの番組「夢の扉」に出演されます。
山岸さんは、「失われた声」をよみがえらせる技術で、「音声合成」研究の第一人者として活躍されている人物です。

ALSなど、病気によって失った声を最新技術で救うことのできる山岸さんとは一体どんな人なんでしょうか?

山岸順一さんのプロフィール

写真 2015-10-18 17 04 03

名前 山岸 順一(やまぎし じゅんいち)
年齢 36歳
出生地 東京都
職業 コンテンツ科学研究系 准教授
出身校 東京工業大学工学部情報工学科 卒業

ちょうど山岸さんが大学進学の時期にwindows95が発売され、コンピューターサイエンスが人気の分野になっていました。そこまでコンピューター好きではなかったそうですが、理系人間だった山岸さんが気になる分野であったため東京工業大学工学部情報工学科に進学されたそうです。

意外?!ロックやヘビメタ好きの山岸さん

実は、大学に入ってからバンド活動をしていた山岸さん。
元々音楽を聞くのが好きだったそうで、バンド活動ではドラムを担当していたそうです。
好きな音楽がロックやヘビーメタルというのはかなり意外ですよね。

「おしゃべりなコンピュータ 音声合成技術の現在と未来」本の執筆もされています

実際にライブハウス等で演奏をするようになると、ドラムの音を拾うマイクを何本も設置する準備が必要で、見よう見まねでセッティングを自ら行うようになりました。すると、収録の仕方や処理の仕方で全く音の質が変わることを、非常に面白く感じるようになっていったんです。「どうなっているんだろう?工夫すると良い音になるのはなんでだろう?」という知的好奇心が強くなっていき、音に対する興味を強めていきました

出典:another life 山岸順一さん

好きこそものの上手なれとは言いますが、やはり自分の好きなことにのめり込めるのはとても素敵なことですよね。

≪FC岐阜社長・恩田聖敬さんやシャ乱Qのつんくさんの声が蘇る?≫は次ページへ

コメント