【プロフェッショナル】吉田都(バレエ)の引退理由や海外の評価は?実家も凄い?旦那や子供は?

スポーツ選手




バレエの名門で知られる英国の2つの「ロイヤル・バレエ団」で、22年間に渡りプリンシパル(主役)を務めていたバレエの吉田都さん。

2019年8月7日、8日に上演された「Last Dance」で、バレエダンサーから引退されたことが大きな話題となりましたよね~。

22年間もプリンシパルを務めたほどの実力者である吉田都さんが、引退を決断した理由が気になるという方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は元バレエダンサーの吉田都さんをピックアップしてみたいと思います!

吉田都さんのwiki風プロフィールをはじめ、引退を決断した理由や海外の評価について調査していきますよ~。

また、吉田都さんの実家や、結婚して旦那や子供がいるのかもあわせて紹介していきましょう!

吉田都(バレエ)のwiki風プロフィール

まずは、元バレエダンサーの吉田都さんのことを知ってもらうために、wiki風プロフィールから見ていきましょう~!

出典:https://www.blooming-net.com/blooming-agency/yoshida-miyako/

  • 本名:吉田 都(よしだ みやこ)
  • 生年月日:1965年10月28日
  • 年齢:55歳(2021年1月現在)
  • 出身地:東京都国立市
  • 身長:159cm
  • 体重45kg
  • 血液型:不明
  • 最終学歴:ロイヤル・バレエ学校卒業(英国)
  • 家族構成:旦那(遠藤貴)
  • 職業:元バレエダンサー 芸術監督
  • 所属事務所:フリー
  • 趣味:不明
  • 特技:バレエ

以上が、吉田都さんのwiki風プロフィールとなります。

吉田都さんのプロフィールの中で、公表されていなかったのが『血液型』と『趣味』でした。

バレエダンサーとしては、身長・体重は結構注目を集めるため、女性でも体重を公表している方は少なくないのではないでしょうか?

体重が少なければ良いバレエダンサーというわけではありませんが、やはりスタイルを気になされている方は、他の職業よりも多いと思います。

また、身長が『159cm』ということですが、バレエダンサーとしては小柄となりますよね。

それでも、1988年から2010年までの22年間も、英国の「ロイヤル・バレエ団」でプリンシパルを務めていたのですから、相当な才能を持ちあわせた上に、絶え間ない努力を重ねてきたのだと思います!

出典:https://news-megami.com/ballet/yoshidamiyako/

身長や体重に比べ、血液型は特にバレエダンサーとして公表する必要がないため、吉田都さんも血液型は公表はされていないようですね~。

また、吉田都さんはどんな趣味を持っているのか気になったのですが、彼女の趣味はネット上では見当たりませんでした。

長年に渡り、英国でプリンシパルを務めていましたし、日本に戻って来てからもずっとバレエに携わっているので、吉田都さんの趣味も『バレエ』になるのかもしれないですよ(笑)。

一度、吉田都さんのプライベートに密着してもらいたいですね~。

彼女が、バレエ以外でどんな趣味・特技を持っていて、プライベートでは普段どんなことをしているのか、多くの方が見てみたいと思っているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

吉田都(バレエ)の引退理由や海外の評価は?

出典:https://balletchannel.jp/1869

吉田都さんは、2019年8月7日、8日に上演された「Last Dance」で、現役バレエダンサーから引退されています。

海外(英国)で長年に渡りプリンシパルとして活躍してきただけに、彼女が引退を決断した理由が気になっている方は多いのではないでしょうか?

そもそも、吉田都さんがバレエを始めたのは1974年の9歳の頃で、7年後の1981年に開催された「全国舞踊コンクール・ジュニア部門」で、見事に1位を受賞されているのです!

この活躍が認められ、彼女は松山バレエ学校に移籍することに・・・。

そして、高校二年生となる1983年には、「ローザンヌ国際バレエコンクール」で、スカラシップ賞を受賞し、英国の「ロイヤル・バレエ学校」に入学することになったのです。

その1年後には、当時の「サドラーズウェルズ・ロイヤル・バレエ団(現バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)」に入団し、4年後の1988年にはバレエダンサーとして最高位となるプリンシパルに昇格したのですよね~!

1995年には、ロンドンを本拠地とする姉妹カンパニーの「ロイヤル・バレエ団」に、プリシンパルとして正式に移籍し、2つの「ロイヤル・バレエ団」で2010年までの22年間、プリシンパルを務めてきたのです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

そもそも、英国の「ロイヤル・バレエ団」でバレエを出来るだけでも凄いことですし、そこでプリンシパルを任されるということは驚愕に値することなのです。

それを、吉田都さんは22年間も任されていたと考えたら、日本のバレエダンサーからしたら神的な存在と言っても過言ではないでしょう(笑)。

「ロイヤル・バレエ団」を退団後は、日本を拠点にフリーとして活動されていたのですが、2019年に現役バレエダンサーとしての引退を決断されたのですよね~。

では、吉田都さんが引退を決断した理由というのは何だったのでしょうか?

実は、彼女が引退を決断した理由は一つではなく複数あるのですが、一番の大きな理由となったのが『2020年9月から新国立劇場の舞踏部門の芸術監督を務めることが決まり、2019年9月から芸術参与に就任することが決定したから』と言われています。

新国立劇場の芸術監督を務めることが決定したことについて、”これから勉強しなければならないこともたくさんありますし、生半可な気持ちでは出来ないような大きな仕事だと思っている”と吉田都さんが語っていました。

吉田都さんが、現役バレエダンサーとしての引退を決断した理由は、『新国立劇場の芸術監督を務めることが決定したから』ということなのですよね!

彼女が引退を決断するほど、新国立劇場の芸術監督という責務と重責は大きかったと言えるのではないでしょうか?

上記の理由以外としては、”将来的に自分で踊っていくよりも、若いダンサーたちの環境を整えたり、自身が学んできたことを伝えていった方がいい”というのもあったとのこと。

要するに、後進のことを考えて『指導者』という道を選んだということになりますよね~。

また、”そうしなさい!そろそろ諦めて”という周囲からの空気も感じ取っていたことも、引退を決断した理由の1つだったようですよ。

本来なら、若い世代が吉田都さんを実力で押し退けるというのが理想なのだと思います。

他のスポーツでも、若い世代にポジションを奪われて、引退を決断するというスポーツ選手は多いですから!

ただ、あまりにも吉田都さんのバレエダンサーとしての実力が飛び抜けていたため、若い世代が実力で押し退けることが出来なかったのでしょうね。

ですが、このまま彼女が最前線を張っていては、若手の成長が見込めないため、後進に道を譲りつつ、吉田都さんの経験を指導者として若手に指導してほしいという周囲の想いが強かったのだと思います。

そういった理由が重なったことで、吉田都さんは引退を決断したのでしょうね~。

では、そんな吉田都さんのバレエダンサーとしての海外の評価はどうなのでしょうか?

出典:https://www.chacott-jp.com/news/worldreport/tokyo/detail014115.html

ネット上で、海外の評価を調べてみたのですが、残念ながら海外の評価が紹介されているようなサイトや記事が見当たりませんでした。

吉田都さんが英国の「ロイヤル・バレエ団」を退団されてから、すでに10年以上が経過していますし、当時の彼女の海外での評価は日本にまで届いていないのかもしれないです。

ただ、2つの「ロイヤル・バレエ団」で22年間もプリシンパルを務めていたということが、最大の海外の評価と言えるのではないでしょうか?

吉田都さんのバレエダンサーとしての演技が海外で評価されていなければ、プリシンパルを務めることすら出来なかったはずですから!

また、彼女が1988年にプリシンパルに昇格した際、当時サドラーズウェルズ・ロイヤル・バレエ団(現バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)の芸術監督を務めていたピーター・ライトさんに実力を認められ昇格が決定したとのこと。

出典:https://www.sdballet.com/company/staff_and_dancers/sir_peter_wright/

ちなみに、今現在ピーター・ライトさんは、「バーミンガム・ロイヤル・バレエ団」の名誉監督を務めている方なのです。

そんなピーター・ライトさんに実力を認められたということも、吉田都さんの海外の評価の1つと言えるでしょうね!

スポンサーリンク

 

吉田都(バレエ)の実家も凄い?旦那や子供はいる?

出典:https://www.wendy-net.com/nw/person/296.html

9歳の頃から、長年に渡りバレエに携わってきた吉田都さん。

ここで1つ気になったのが、吉田都さんの実家や両親ですよね~?

バレエやフィギュアスケートをされている方の実家は、『お金持ち』というイメージを持っている方が多いと思います。

なぜなら、レッスン代や衣装代など他のスポーツなどに比べると、とてもお金がかかると言われているからです!

そのため、9歳の頃からずっとバレエをやってきている吉田都さんの実家は、とてもお金持ちで凄い実家なのではないでしょうか?

気になったので、吉田都さんの実家について調べてみたところ、”実家が凄い!”とか”実家がお金持ち!”といった情報は一切見当たりませんでした。

わかっている情報としては、彼女の父親は公務員で、母親は専業主婦だったということと、吉田都さんには姉が一人いるということだけでしたね~。

正直、一言で公務員と言っても給料や年収には幅があるでしょうし、吉田都さんの父親の役職によっても違いはあるでしょう。

ただ、母親が専業主婦でも吉田都さんにバレエを習わせることができていたと考えたら、一般家庭に比べたら実家は裕福だったのかもしれないですね!

あくまでも個人的な推測であって、吉田都さんが”実家が凄いお金持ちだった!”と公表しているわけではないのであしからず・・・。

また、もう1つ気になっているのが、吉田都さんが結婚して夫や子供がいるかどうかです!

出典:http://trend-japon.com/3739.html

2021年1月現在、彼女の年齢は55歳になるのですが、年齢的なことを考えたら結婚して夫がいるのはもちろん、子供がいてもおかしくはないですよね?

早ければ、お孫さんがいてもおかしくない年齢です。

では、吉田都さんは結婚していて夫や子供はいるのでしょうか?

夫や子供に関する情報を調べてみたところ、吉田都さんは2005年に遠藤貴さんという一般の方と結婚されていました!

夫の遠藤貴さんは一般の方ということで、顔画像は出回っていませんでしたが、実は「株式会社ユニバーサル・スポーツ・ジャパン」という会社の代表取締役社長なのです。

ちなみに、「株式会社ユニバーサル・スポーツ・ジャパン」とは、サッカー選手の代理人などが主な仕事とのこと。

しかも、夫の遠藤貴さんはイングランドFA認定を受けた代理人なのです!

そのため、海外での知識や経験を活かし、海外クラブへの移籍を目指している日本のサッカー選手の代理人として活躍されているのですよね~。

夫の遠藤貴さんと吉田都さんの出会いは、彼女が25歳の時とのことですが、どうやって出会ったのかや交際に発展した時期など詳細は明かされていません。

ただ、25歳の時に出会って結婚したのが40歳の時なので、付き合いはかなり長いと言えるでしょうね。

もしかしたら、夫の遠藤貴さんが英国で仕事をしていた時に、知人の紹介で吉田都さんと出会ったのかもしれないですよ!

では、吉田都さんと夫の遠藤貴さんとの間には子供はいるのでしょうか?

出典:https://www.tfm.co.jp/color/?id=38

いろいろと調べてみたのですが、どうやら子供に関する情報は一切出回っていないようですね~。

吉田都さんが結婚後、長期休業していたという情報は今の所ないので、おそらく夫の遠藤貴さんとの間に子供はいないのではないかと推測しています。

結婚した時の彼女の年齢が40歳なので、もし結婚後すぐに妊娠したとしても、子供を産むには高齢出産にあたるでしょう。

それに、吉田都さんは現役バレエダンサーとして、ずっと活動していたいという気持ちが強かったと思うので、夫の遠藤貴さんと結婚したとはいえ、子供を産むというのは考えていなかったのかもしれないですね。

もしかしたら、結婚の話しが出たタイミングで、子供についてどうするかは二人で話し合って、納得した上で子供を作らないと決断したのかもしれないです。

夫の遠藤貴さんとしても、吉田都さんにはバレエダンサーとして、ずっと輝いていてもらいたいと望んでいたのかもしれないですよ~!

吉田都さんは、今現在はバレエダンサーとしては現役を引退していますが、指導している若いバレエダンサー達を、自分の子供のように思って指導しているのではないでしょうか?

彼女の指導を受けたバレエダンサー達が、これから先どんな演技を披露してくれるのか楽しみですね!

コメント