上山博康医師(脳外科医)超人気名医が出演主治医が見つかる診療所





主治医が見つかる診療所のレギュラーともいえる、上山博康医師が今更ながら凄い!

脳外科医、上山博康医師の経歴

1948年に青森県三戸郡五戸町に生まれる。

出身大学:北海道大学 現在:禎心会脳疾患研究所所長、札幌北脳外科顧問、コスモ脳外科顧問、旭川赤十字病院脳外科顧問を務めるスーパー脳外科医と言える。

北海道大学医学部に入学後、同大学の脳外科教室に入局する、大学の関連施設で6ねん研修期間を経て、旭川赤十字病院で研修中にネズミの血管を縫う事で腕を磨いたそうだ。名立たる脳外科医(伊藤善太郎医師、佐野公俊医師)の弟子入りをし、腕を磨いたのち旭川赤十字脳外科部長になり、「人生を手術する」をモットーになんと、年間300例、累計20,000近い症例を手がけている。

スポンサードリンク

医師を志したきっかけ

幼少期から絵が得意で、よく絵を描いていた、高校時代には美術に教師に熱心な指導を受け、東京芸大に進学して画家を目指す事を薦められる。しかし、飛行機をつくる技術者にも憧れていて、進路には悩んでたみたいだ、ある日突然転機が訪れて、父親がトイレに何気なく置き忘れていた雑誌をトイレの中で用をたしながら見ていると、高度成長期で自動車の量が増えるが、今ほど自動車の安全装置も進んではなく、シートベルトの着用義務もない時代で、自動車事故の死亡原因に頭部外傷による、硬膜下血腫、硬膜外血腫、脳内出血、脳軸索損傷、外傷性くも膜下出血など様々な頭部損傷における脳外科医の技術不足、日本の医師不足が否めない事を書いている記事が目に入った。

この記事がきっかけとなり脳外科医を目指すこととなったようである。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

このような名医が、かかりつけで!とは相当難しいと思うが、セカンドオピニオン的な存在として知って損する事はないだろう、そしてこの偉大なる医師と志を同じくする医師にめぐり逢えると、未来が開けてくるだろうと思える。

主治医が見つかる診療所、お見逃しなく!!

コメント