塚本康浩のダチョウマスクと飴の通販・口コミは?経歴や実績も凄い【情熱大陸】

気になる有名人





京都府立大学学長であり、ダチョウやダチョウ抗体の研究で知られている獣医学士の塚本康浩さん。

新型インフルエンザ予防のために開発されたダチョウマスクは、かなりの反響を得ているようです!

そんな塚本康浩さんが、2020年6月7日(日)放送の「情熱大陸」に出演されるそうですよ~。


「情熱大陸」では、現在模索している新たなウイルス予防策が紹介されるようですね。

そこで、今回は獣医学士の塚本康浩さんをピックアップしてみたいと思います!

塚本康浩さんのwiki風プロフィールをはじめ、経歴や実績、開発されたダチョウマスクや飴の通販や口コミについて紹介していきますよ~。

塚本康浩さんのことを知ったら、アナタもダチョウに興味を持ってしまうのでは!?

塚本康浩のwiki風プロフィール!経歴や実績は?

まずは、塚本康浩さんのことを知ってもらうために、wiki風プロフィールから見ていきましょう!

出典:https://anogate.jp/tshukamoto-yasuhiro-keireki-1823

  • 本名:塚本 康浩(つかもと やすひろ)
  • 生年月日:1968年生まれ
  • 年齢:51歳or52歳
  • 出身地:京都府
  • 最終学歴:大阪府立大学農学部獣医学科卒業
  • 職業:獣医学士 京都府立大学学長
  • 所属会社:オーストリッチファーマ株式会社

以上が、塚本康浩さんのwiki風プロフィールとなります。

ダチョウの研究者としては有名人ではありますが、芸能人というわけではないのでプロフィールは最低限しか公表されていませんでした。

そのため、身長や体重、血液型といった基本プロフィールをはじめ、家族構成や趣味・特技といった情報は出回っていなかったですね~。

ちなみに、最終学歴は”大阪府立大学農学部獣医学科”卒業となっていますが、1998年には大阪府立大学大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻を修了されているため、正確には”大学院卒”ということになるのではないでしょうか?

そんな塚本康浩さんの経歴や実績はどうなっているのでしょうか?

出典:https://twitter.com/gaia_no_yoake/status/1235852485450813440

まず、塚本康浩さんの経歴についてですが、大学卒業後、1996年~97年の間はカナダにあるゲルフ大学獣医学部の客員研究員として留学されていたとのこと。

そして、1998年に大学院での専攻を修了し、獣医学博士を取得されています!

また、1999年にはダチョウ牧場として有名な「オーストリッチ神戸」のダチョウ主治医に就任し、ここで本格的なダチョウやダチョウ抗体の研究をスタートさせたそうです。

その研究が認められた塚本康浩さんは、2005年に大阪府立大学の講師、准教授に就任し、2008年には京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授に就任されています。

2009年には、「ダチョウ力」という本も出版されているとのこと。

出典:https://www.amazon.co.jp/

さらに、2020年4月には京都府立大学の学長に就任しているのですよね~!

大阪府立大学は塚本康浩さんにとって母校になるため、研究の成果が評価されて大学のポストを用意されたのはわかります。

ただ、京都府立大学は母校ではないにもかかわらず、2020年には学長にまで就任していますからね。

それだけ塚本康浩さんの研究の成果が凄かったということなのでしょう!

ざっと紹介しただけでも彼の経歴の凄さは一目瞭然ですが、京都府立大学の学長に就任したことで、より経歴の凄みが出たのではないでしょうか?

では、塚本康浩さんの実績というのはどうなのでしょうか?

彼の実績として一番最初に紹介されるのが、2008年に設立した「オーストリッチファーマ株式会社」で開発した、新型インフルエンザ予防のマスクでしょうね!

出典:https://blog.livedoor.jp/iikoushi/archives/65260698.html

このマスクは、ダチョウの卵から抽出した抗体を用いて製作されたマスクになるのですが、すでに累計7000万枚以上販売されていて、200億円以上の売上げを生み出したという実績を持っているのです。

そのため、塚本康浩さんといえば”ダチョウ抗体マスク”というぐらい、爆発的なヒット商品となったのですよね~。

また、マスクだけでなくニキビやアトピー対策の化粧品の開発も行っていて、ダチョウの卵から抽出した抗体を配合した化粧水なども販売されています!

さらに、花粉症対策として、ダチョウの卵黄から抽出されたオーガニックな成分「アルスブリン」を配合した飴も開発し販売しています。

塚本康浩さんは、新型インフルエンザ予防だけでなく、多くの人が悩まされているニキビやアトピー、花粉症に対しての実績も十分あるということなのですね!

こうやって塚本康浩さんの経歴や実績を見てみると、ダチョウ抗体の凄さを改めて感じます。

スポンサーリンク

塚本康浩のダチョウマスクの通販・口コミは?

出典:https://www.mbs.jp/mint/news/2020/03/18/075986.shtml

塚本康浩さんの経歴・実績を見てもらえたら、どれだけダチョウの研究に特化してきた研究者なのかわかっていただけたと思います。

中には、ダチョウに興味を抱いた方もいるのではないでしょうか?(笑)

ここで気になるのが、塚本康浩さんが開発した”ダチョウマスク”ですよね~。

ダチョウマスクの購入方法や口コミはどうなのでしょうか?

まず、塚本康浩さんが開発したダチョウマスク(正式にはダチョウ抗体マスク)は、ネット通販で販売されています!

ダチョウマスクの商品名は「ダチョウ力(ぢから)」で、下記のネット通販サイトが専門で取り扱っているようですね。

ダチョウ抗体マスク公式サイト

こちらのネット通販サイトでは、ダチョウマスクの販売はもちろん、ダチョウマスクの詳細やダチョウマスクができるまでの経緯なども紹介されています。

また、上記のネット通販サイト以外にも、アマゾンや楽天市場といったネット通販サイトでも取り扱っているようです。

そんなダチョウマスクの口コミはどうなのでしょうか?

Twitterに投稿されていた口コミがこちらです!

処方箋を処方する方もダチョウマスクをオススメしているようですよ~!

インフルエンザが流行しているにもかかわらず、ダチョウマスクのおかげでインフル知らずとは・・・。

ダチョウマスクの効果絶大ですね!

ダチョウマスクはウイルスだけでなく、花粉もシャットアウトしてくれるので、辛い花粉症の方にもオススメなのです!

他の口コミでは、”普通のマスクと着け心地は変わらない”とか、”匂いは特に気にならなかった”といった口コミが上がっていましたよ~。

また、現在は新型コロナウイルスに対応したダチョウマスクも開発されているとのこと。

まずは、医療従事者への販売を優先しているようなので、一般向けに販売されるのはもう少し先になるかもしれないですね。

ダチョウマスクで、新型インフルエンザだけでなく新型コロナウイルスからも守ってもらいたいです!

スポンサーリンク

塚本康浩の飴・ダチョウ卵黄抽出物配合のキャンディの口コミは?

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000034018.html

塚本康浩さんが開発したダチョウ関連の商品は、ダチョウマスクだけでなくダチョウ卵黄から抽出されたオーガニック成分「アルスブリン」を配合した飴(キャンディ)も販売されています!

ダチョウマスク同様、飴(キャンディ)もネット通販サイトで販売されているようですね~。

では、ダチョウ卵黄から抽出されたオーガニック成分「アルスブリン」を配合した飴(キャンディ)の口コミはどうなのでしょうか?

ちなみに、この飴(キャンディ)の商品名は「花粉への挑戦状」で、花粉対策として開発された飴となっています!

こちらの口コミの方は、2019年から「花粉への挑戦状」を愛用されているとのこと。

この飴で花粉を凌いでいたようですが、今年はまだゲットできていないようですね~。

それだけ「花粉への挑戦状」が、花粉対策の商品として人気となっているということでしょう!

飴(キャンディ)の味を気にされている方も多いようですが、黒糖味がかなり絶賛されていましたね!

花粉症の方が「花粉の挑戦状」で実験した結果、効果ありとの結果が・・・!

飴(キャンディ)なので手軽ですし、朝昼晩舐めるだけで効果あるようですよ~。

また、現在はダチョウ卵黄から抽出された「ダテウブリン」を配合した飴(キャンディ)やグミも販売されているとのこと。

出典:https://www.ostrichtribute.com/coldwindseries

ダチョウグミには、グレープ味とマスカット味があるそうですよ。

飴(キャンディ)も黒糖味だけでなく、ミント味もあるようです!

今回は、ダチョウマスクと飴(キャンディ)をピックアップしましたが、塚本康浩さんは他にもダチョウ抗体を配合したスプレーや化粧品なども開発されています。

興味を持った方は、ぜひいろいろ調べてみてもらいたいですね~!

これからも塚本康浩さんとダチョウには目が離せないですよ!

コメント