和田アキ子が目の病気で手術?現在の顔画像は?結婚し旦那や子供はいる?性別や経歴は?

徹子の部屋




芸能界のご意見番として知られる和田アキ子さん。70代となられた今でも、パワフルでとっても存在感の強い女性ですね。

そんな和田アキ子さんが、11月1日放送の『徹子の部屋』に出演されます。

そこで今回は、和田アキ子さんについて調査していくことにしました。

和田アキ子さんの経歴などのプロフィール、一時期話題になった目の手術、そして結婚生活に至るまで。和田アキ子さんの素顔に迫ります。

created by Rinker
ポニーキャニオン

和田アキ子のwiki風プロフィール!性別や経歴は?

では最初に、和田アキ子さんのプロフィールをwiki風にまとめましたのでご覧ください。

参照:https://girlschannel.net

・名前:飯塚現子(いいづか あきこ)

・生年月日:1950年4月10日

・出身地:大阪府大阪市天王寺区舟橋町

・学歴:私立城星学園高等学校中退

・身長:174cm

・血液型:O型

・配偶者:小林甫(1976~8か月)→飯塚浩司(1981~)

・所属事務所:ホリプロ

和田アキ子さんは、大阪府で済州島出身者の父と朝鮮半島出身者の母の元、4人兄弟の長女として生まれた、在日2世です。当時の名は金福子です。小学5年のころには洋楽にあこがれを持ち、15歳でジャズ喫茶などで歌い始めたのだそうです。

当時の和田アキ子さんは、体重100kg超えで柔道を教えていたお父さんに厳しく柔道を教え込まれ、また、体格にも恵まれていたため、中学生の時には、男の舎弟を何人も引き連れている、愚連隊の頭として有名だったのだとか。

しかしそのパワフルで低音の効いた歌声に惹かれ、当時はまだ弱小だったホリプロの社長が直々にスカウトし、芸能界デビューとなりました。

デビューするときに、お父さんが「在日だとわかるのはまずい」と思い、すでに日本に帰化していた叔父の養子としてもらい、苗字を叔父のせいである「和田」、名前も日本名の「現子(あきこ)」として日本に帰化しました。

しかし「現子」が読みづらいため、ホリプロの社長が「アキ子」としてデビューさせたそうです。

1968年『孤独の星空』でデビュー。

参照:https://ameblo.jp

デビュー当時のキャッチフレーズは「和製リズム・アンド・ブルースの女王」です。ほんとピッタリですね!しかしこの曲は、本格R&Bでしたがあまり売れなかったようです。

1969年、2枚目の曲『どしゃ降りの雨の中で』がスマッシュヒット。翌1970年には『女番長・野良猫ロック』で主演を果たします。

参照:https://www.pinterest.jp

そして同じ1970年に『笑って許して』でNHK紅白歌合戦に初出場されました。

参照:https://colaboy.ocnk.net

1972年リリースの『あの鐘を鳴らすのはあなた』では第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞されています。

参照:http://get-choice.com

この2曲連続の大ヒットで、和田アキ子さんは一躍人気者に。歌番組やバラエティなどに引っ張りだことなっていきます。

しかし、当時としてはとても高い身長で大柄な体形と、物おじしないその性格を事務所が売りにしたために、番組内で「ゴッド姉ちゃん」と呼ばれるようになり、お茶の間には「デカい・強い・怖い」という印象が根付いてしまいます。

芸能人の先輩からの陰湿ないじめ、そして、事務所や視聴者が勝手に「女性らしくない」「男女」といったイメージを押し付けてくることから、和田アキ子さんはひそかに深く傷ついていたそうです…。

1985年には、TBSで和田アキ子さんの看板番組『アッコにおまかせ!』がスタート。この番組は現在も続く人気長寿番組となっていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

和田アキ子(@ako50th)がシェアした投稿

2020年にはギネスにまで登録されています!和田アキ子さんはいまでもまだまだパワフルなので、この番組の長寿記録は、まだまだ延びそうですね♪

スポンサーリンク

 

和田アキ子が目の病気で手術?現在の顔画像は?

和田アキ子さんは、2018年に「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という病気で手術をされています。

参照:https://ja.wikipedia.org

眼瞼下垂とは、簡単に言えばまぶたが垂れ下がってくる病気なのですが、これには、「先天性眼瞼下垂」と「後天性眼瞼下垂」があります。また、これらに分類されない眼瞼下垂「偽眼瞼下垂」と呼ばれるものもあるのです。

(※「偽眼瞼下垂」というのは、まぶたの組織や神経が直接の原因ではないもの)

先天性は、生まれつき瞼の筋肉に何らかの発育不全があるものです。

後天性にはいくつかの原因が考えられ、以下の分類があります。

①腱膜(けんまく)性眼瞼下垂

②神経に問題がある眼瞼下垂

③筋肉に原因がある眼瞼下垂

①には、加齢性眼瞼下垂やハードコンタクトレンズ眼瞼下垂などがあるのですが、これはまぶたの中で重要な役割を持つ「挙筋(きょきん)腱膜」が、何らかの原因で緩んだり外れたりすることで起こります。

挙筋腱膜が緩んだり外れたりする原因は、加齢や、コンタクトレンズをつけている人や花粉症などの人が目をこすり過ぎてしまうことです。

②と③は重症筋無力症や脳梗塞、筋強直性ジストロフィーなど、様々な病気が原因でまぶたを動かすための神経や筋肉が機能しなくなってしまうことが原因です。

和田アキ子さんはこれらのうち、①腱膜性眼瞼下垂の加齢性眼瞼下垂だと推測されます。

では、まぶたが垂れ下がってしまうことにどのような弊害があるでしょうか。

「見た目の問題?」と思われるかもしれませんが、それだけではありません。

もちろん、和田アキ子さんは芸能人ですから見た目を気にしたということもあるでしょう。しかし実は、眼瞼下垂にはほかの症状を引き起こすことがあるのです。

まぶたが下がると、視界が狭くなってしまいます。そのため、無理に視界を広げようと、眉毛をぐっと引き上げてまぶたを上げようとしたり、顎を上げたりするのです。慢性的にこの運動を続けていると、頭痛や肩こり、眼精疲労などのつらい症状を引き起こします。

和田アキ子さんも、眼瞼下垂による頭痛等の症状がつらく、手術を決意されたのです。

下の画像は、和田アキ子さんの若い頃です。目元はくっきりとした二重ですね。

参照:https://girlschannel.net

こちらは、手術を受ける前の和田アキ子さんのお顔です。お友達の竹山さんと、プライベートのお写真でしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

和田アキ子(@ako50th)がシェアした投稿

笑っているせいで余計にそう見えるのかもしれませんが、確かにまぶたが下がっていて、視界はかなり悪そうです。

そしてこちらは、上の画像と同じ時期の和田アキ子さん。こちらはお仕事の時の写真ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

和田アキ子(@ako50th)がシェアした投稿

和田アキ子さんは、眉のあたりをぐっと挙げてまぶたを開こうとしてるのが分かります。きっと、お仕事の時は無意識にこのようにされてしまうので、かなりの疲労がたまっていたと思われます。

そして、いよいよ手術をされました。が…。

和田アキ子さんの1回目の手術はうまくいきませんでした。最初は、「術後すぐで腫れがおさまっていないから」というようなことをおっしゃっていましたが、腫れがおさまっても違和感が残るような状態に!

和田アキ子さんご自身も、目の状態に悩み、そのせいで心を病んでしまいそうになるほどでした。

結局、和田アキ子さんは翌年2019年に修正手術を受けることにしたんです。そしてこちらは、今年(2021年)の写真です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

和田アキ子(@ako50th)がシェアした投稿

昔の和田アキ子さんをご存じの方には、少し違和感があるかもしれませんが、両目ともくっきり二重になって、眼瞼下垂の状態であった時よりは、かなり視界が良くなったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

和田アキ子は結婚し旦那や子供はいる?

和田アキ子さんの結婚に関しても調べてみました。

参照:https://www.cyzo.com

和田アキ子さんは、これまでに2度の結婚をされています。

1度目は1976年に小林甫さんという、当時和田アキ子さんのマネージャーを務めていた男性でした。

和田アキ子さんと小林さんは、交際5年で結婚されたのですが、結婚を機に、小林さんは和田アキ子さんの担当を外されてしまいます。

当時、多忙を極めていた和田アキ子さん。担当を外れてしまえば夫とは当然すれ違いの生活になってしまいます。

それが寂しくてたまらなかった和田アキ子さんは、結婚後わずか8か月で離婚を決意しました。

そのため、お子さんはできませんでした。

それから5年後の1981年、和田アキ子さん主演のドラマ『ひまわり戦争』でカメラマンを務めていた飯塚浩司さんと出会います。

引用元:http://colorist.sitemix.jp

飯塚さんは常に、「主演が美しく撮れる角度」を一生懸命に探して撮影する研究熱心な方だったため、自然と和田アキ子さんをずっとカメラで追いかけるようになっていました。

すると和田アキ子さんは「私に惚れとるな」と思い、飲みに誘ったりするうちに交際に発展。結婚となったのです。

和田アキ子さん、肉食系女子だったんですね~。

しかし、結婚からわずか2か月後、和田アキ子さんに子宮がんが発覚し、子宮を全摘出することに!

愛する人との子供を望んでいた和田アキ子さんは、当時の飯塚さんとのやり取りを明かしています。

「もう別れてもええで、こうちゃんの子供産んであげられへんし。もう死にたい」と号泣。そんな和田に、飯塚さんは「俺は子供のために結婚したわけじゃない。俺はアコが好きなんだ」と伝えたという。

引用元:https://news.mynavi.jp

子供が欲しい女性にとって、こんなに辛いことはありませんね。また、

手術のわずか10日後にがんを公表しないまま仕事に復帰し、「がんは(和田アキ子の)イメージじゃない」と会社から言われた

引用元:https://news.mynavi.jp

会社からもこのように言われた和田アキ子さん。どれほど傷つかれたことでしょう。

しかし、優しいご主人のサポートもあり、和田アキ子さんは少しずつ心の傷を癒されていきました。

今では、和田アキ子さんのサポートマネジメントをされており、和田アキ子さんプロデュースの飲食店「お菜屋 わだ家」店舗を経営する株式会社エー・アンド・ケイのCEOを務めていらっしゃいます。

引用元:https://www.sponichi.co.jp

今回、和田アキ子さんについて調べてみて、長年「怖い」とか「強い」とかのイメージが強かった方ですが、改めて、繊細で情の深い方だということが分かりました。

だからきっと、たくさんの芸能人の方に慕われているのだと思います。

これからも、かっこいい和田アキ子さんから目が離せないですね。

コメント