【人生の楽園】澤口眼鏡舎の値段や口コミは?オーダーメイド眼鏡フレーム工房の場所は?

人生の楽園




埼玉県川越市で、オーダーメイドの眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』を経営されている澤口亮さん。

2020年12月5日放送の「人生の楽園」に、澤口亮さんの眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』が取り上げられるそうです!

そこで、今回は澤口亮さんと眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』をピックアップしてみたいと思います。

澤口亮さんのwiki風プロフィールをはじめ、オーダーメイドの眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』の場所や値段、口コミを紹介していきますよ~!

澤口亮さんが作るオーダーメイドの眼鏡フレームとは、一体どんなモノなのでしょうか?

澤口亮のwiki風プロフィール!

まずは、眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』を経営されている澤口亮さんのことを知ってもらうために、wiki風プロフィール・経歴から紹介していきましょう!

出典:https://koedo.info/190306sawaguchimeganesha/

  • 本名:澤口 亮(さわぐち りょう)
  • 生年月日:1964年or1965年生まれ
  • 年齢:55歳(2020年12月現在)
  • 出身地:埼玉県
  • 最終学歴:デザイン系の専門学校卒業
  • 家族構成:妻(智子)
  • 趣味:モノづくり 絵を描くこと
  • 特技:デザインの作成 トランペット

以上が、澤口亮さんのwiki風プロフィールとなります。

では、澤口亮さんが眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』をオープンさせるまでの経歴はどうなのでしょうか?

澤口亮さんは、両親の影響で小さい頃からトランペットをはじめとした音楽や美術に興味があり、手を動かす細かい作業が得意だったとのこと。

ただ、工業高校を卒業した彼は、特にやりたいことが見つからず、親戚の勧めで大手メーカーに就職されたのです!

ちなみに、妻の智子さんは会社の同僚(同じ部署)で、澤口亮さんが一目惚れして猛アタックしたとのこと。

出典:https://bangumi.org/si/215

そして、彼が30歳の時に結婚されたそうですよ~。

大手メーカーに就職した澤口亮さんは、ソフトウェア開発部門に配属されたのですが、この部門の仕事は性に合わず”辞めてしまいたい”という思いを抱えながら仕事を続けていたそうなのですよね。

そんな彼に転機が訪れたのが、社内誌の挿絵を描くことになったことだったのです。

子供の頃から絵を描くことも好きだった澤口亮さんは、改めて手を動かしたクリエイティブな仕事がしたいと思うようになったとのこと。

そして、そのことを会社の上司に相談すると、上司から会社のデザイン部門を紹介されたのです!

ただ、デザインの勉強をしたことなかった澤口亮さんは、思い切って2年制のデザイン系専門学校(夜学)に通うことにしたのです。

いくらクリエイティブな仕事がしたかったからと言って、働きながらデザインの専門学校に通うということは大変だったでしょうね。

それでも2年間通えたということは、それだけ澤口亮さんにとっては大きなやりがいになっていたのだと思います!

卒業後、しばらくしてデザイン部に異動になった彼は、デザイン作成にのめり込むようになったとのですよね~。

そこで、お客さんには自分が思っていた以上に、色が購買意欲に影響しているということがわかったとのこと。

そんな中、再び澤口亮さんに転機が訪れるのです。

妻の智子さんが”面白い眼鏡屋さんがある”と澤口亮さんに紹介し、その時に選んだ眼鏡が手作りの眼鏡フレームだったのですよ~!

その手作りの眼鏡フレームを見た彼は、”もしかしたら自分でも作れるんじゃないか?”と思い始め、眼鏡作りに挑戦することに・・・。

当時は、個人的に材料を集めるのが困難だったため、いろいろと苦労されたそうですが、周囲の協力を得て独学で眼鏡作りに没頭されたとのこと。

すると、たまたま家に出入りしていた工務店の方から、”眼鏡を作って欲しい”という依頼があり、各地のクラフトフェアのさきがけと言われている『クラフトフェアまつもと』への出店も勧められたのです!

そうするうちに、本格的に眼鏡作りに打ち込みたいという想いが強まっていったのですよね~。

そんな時、埼玉県川越市で古民家を商業施設に再生した場所があるという情報を、妻の智子さんから聞くと、実際に見に行った澤口亮さんは”自分の眼鏡工房を作るならここだ!”と思ったとのこと。

自身の眼鏡工房を作ることを決断した彼は、会社を早期退職し、借り納屋だった場所をリノベーションし、2019年にオーダーメイドの眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』をオープンさせたのです!

出典:https://koedo.info/190306sawaguchimeganesha/

そして、今現在は”眼鏡はかける人の個性を引き出せる魅力的なアイテム”というテーマを掲げ、お客さん一人一人にあったオーダーメイドの眼鏡フレームを提供しているのですよ~。

澤口亮さんがオーダーメイドの眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』をオープンさせるまでの経緯や彼の経歴を振り返ったら、大きな転機のタイミングには必ずと言っていいほど妻の智子さんが関わっていますね!

そう考えると、澤口亮さんにとっては妻の智子さんとの出会いじたいが、すでに大きな転機だったのかもしれないです。

スポンサーリンク

 

澤口眼鏡舎の値段や口コミは?

出典:https://koedo.info/190306sawaguchimeganesha/

澤口亮さんのプロフィールや、眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』をオープンさせるまでの経緯がわかったところで、気になるのは彼が作るオーダーメイドの眼鏡フレームですよね。

正直、オーダーメイドの眼鏡フレームを専門で作っているお店というのはあまり聞いたことがないため、値段がどれぐらいするのか知りたいという方は多いのではないでしょうか?

そこで、澤口亮さんが作るオーダーメイドの眼鏡の値段を調べてみました!

値段は眼鏡フレームの素材やデザイン、ヒンジや生地の種類によって変動するようです。

  • アセテート樹脂 セルロイド樹脂:48,000円~58,000円
  • バッファローホーン:150,000円~
  • デザインの微調整(レンズサイズ変更など):3,000円~
  • オリジナルデザイン(図面作成から):80,000円~(アセテート樹脂、セルロイド樹脂の場合)

※上記値段にプラス消費税がかかります。

また、眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』ではクリップオンサングラスも取り扱っていて、値段は14,000円(プラス消費税)で販売されているようですね~。

上記の値段が高いのか安いのかは判断が難しいところですが、オーダーメイドで作ることで世界に一つしかない自分の眼鏡フレームと考えたら、値段分の価値は十分あるのではないでしょうか?

そんな澤口亮さんが作るオーダーメイドの眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』の口コミがどうなのか気になりますよね。

実際に購入された方の口コミを見れば、値段にも納得できるかもしれないですから!

そこで、眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』の口コミを紹介してみたいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@skinheadman73がシェアした投稿

こちらの口コミの方は、2019年12月にオーダーした眼鏡がようやく届いたと報告されていました。

予定外のことがあったようですが、メチャクチャ見やすくてビックリだったとのこと!

バイクを運転されるようなのですが、この眼鏡のおかげで運転もバッチリだと自信を持っていましたよ~。

 

この投稿をInstagramで見る

 

longer.s(@longer.s66)がシェアした投稿

こちらの口コミの方は、奥さんが澤口亮さんのオーダーメイドの眼鏡フレームを注文されたようですね。

自分のではないものの、”手作りのため味があっていい感じ!”と絶賛されていました!

まだレンズが入っていないようですが、この状態でもカッコよく見えますね(笑)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

iakzs(@aichin_metal)がシェアした投稿

こちらの口コミの方は、クラフトフェアのイベントに出店していた際に眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』に出会ったとのこと。

実際に澤口亮さんが作った眼鏡フレームを見て、オーダーメイドの眼鏡フレームが欲しいと思ったのでしょう。

鼻当てが本体と一体化しているのですが、顔の形に合わせて作られているためズレることなく快適だそうです!

これはオーダーメイドならではの口コミですよね~。

 

この投稿をInstagramで見る

 

竹田理紀(@mineosha)がシェアした投稿

こちらの口コミの方は、澤口亮さんが作ったオーダーメイドの眼鏡を付けていたら、”いいね、どこの?”といろんなところで褒められたそうです。

こうやって他の人に褒められると、よりオーダーメイドの眼鏡フレームを作って良かったと思えますよね~!

”次は丸い眼鏡が欲しいな~”とリピーター確定の嬉しいコメントもありましたよ!

実際に澤口亮さんのオーダーメイドの眼鏡フレームを購入された方々の口コミを見てみると、”作って良かった!”というのが良く伝わってきますよね~!

この口コミが値段以上の価値があることを教えてくれているのではないでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

小江戸◯◯屋(@koedo00ya)がシェアした投稿

また、紹介した口コミの中に、イベントで眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』に出会ったという方がいましたが、不定期ではありますが、アトレ川越で展示販売されたりもしているようです。

このイベントでは、眼鏡フレームだけでなく眼鏡ピンバッジやピアス、バングルなども展示販売されていました!

こうやって実際に澤口亮さんが作った作品を見たら、自分用のオーダーメイドの眼鏡フレームが欲しいと思ってしまうのでしょうね(笑)。

スポンサーリンク

 

澤口亮のオーダーメイド眼鏡フレーム工房の場所は?

出典:https://www.instagram.com/p/CHXWJmQjCp7/

澤口亮さんが作るオーダーメイドの眼鏡フレームが気になるという方には、ぜひ一度、眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』を訪れてもらいたいです!

眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』を直接訪れることができれば、澤口亮さんが要望をしっかりと聞きながら、アナタにピッタリなオーダーメイドの眼鏡フレームを作ってくれるはずですよ~。

では、眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』の場所はどこにあるのでしょうか?

眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』の場所はこちらになります!

  • 住所:埼玉県川越市三久保町1-14 ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar内
  • TEL:080-7295-8008
  • 営業日:土 日 祝(臨時休業の場合あり)
  • 営業時間:10時~17時

眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』の場所は、築100年越えの古民家をリノベーションした「ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar」の庭で営業しています。

そのため、お店を訪れる際は「ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar」の中を通り抜けるという形になるとのこと。

もし、お店の場所が分からない場合は、「ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar」のスタッフの方に聞いてもらえたら教えてくれると思いますよ!

眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』の場所までは、電車とバスでのアクセスがオススメです。

  • 本川越駅(西武新宿線)より徒歩13分
  • 川越市駅(東武東上線)より徒歩15分
  • 川越駅(JR/東武東上線)より徒歩25分

※各駅からバスが利用でき、松江町二丁目バス停で下車してもらえたら、お店までは徒歩2分となります。

眼鏡フレーム工房『澤口眼鏡舎』まで車でアクセスされる方は、お店に駐車場がないため最寄りのコインパーキング(大栄パーク、らくだプラザ松江町)をご利用下さい。

オーダーメイドの眼鏡フレームを作ることに悩んでいる方は、一度お店を訪れ澤口亮さんに相談してみるのもアリかもしれないですよ!

澤口亮さんには、これからも良い眼鏡フレームを作り続けてもらいたいですね~。

コメント