上田茂の八百屋「Mふぁーむ」人気の理由と島根県松江に移住した理由は?【人生の楽園】

旅行・スポット





島根県松江市にある八百屋「Mふぁーむ」が人生の楽園に紹介されます。
週に1度しか経営されていないそうですが、市内の一角でかなり人気の八百屋なんだそうです。

島根県に移住した理由と、上田さんの八百屋が人気の理由を調べてみたいと思います。

上田茂さんが八百屋「Mふぁーむ」を始めた理由

20160304_01

京都出身の上田茂さんは、家業であった印刷会社を経営されていました。
しかし、順調だった経営もパソコンが普及すると共に印刷の需要が減り、注文が激減してしまったそうです。そこで思い切って会社を畳むことにして、新しい人生を始めることに決めたそうです。

そういう経緯があり妻である眞美子さんの故郷、島根県松江市に移住されたんだそうです。
移住後は二人で農業を始めたそうですが、ご近所のお年寄りから「古くからの商店がみんな閉店してしまった」「近くに買い物ができる店がなくなって不便だ」という話をたくさん聞くようになったそうです。

250178

それを聞いた上田さん夫婦は何かできることはないかと考え、週に1度「Mふぁーむ」をオープンすることに決めたそうです。

遠くまで買い物に行くことが出来ないお年寄りに喜ばれるお店になっているそうで、加工食品や日用雑貨なども仕入れて店に並べているそうです。

需要があれば、お店も繁盛する。そしてお客さんにも喜ばれる。
Mふぁーむは地域で愛され必要とされているお店なんですね。

ビジネスチャンスはかゆいところに手が届く店作りにアリ?

a947dd1a1cb07bea62fd5d73c7906e87_s

飲食店は3年以内に70%の確率で潰れると言われるほど商売をするのは難しいとよく聞きます。
しかし、大きく儲けなくとも夫婦二人がゆったりと暮らしながらお店を続けられる方法はまだたくさんあると思います。

上田さん夫妻のお店のように、過疎の地域の場所では日用品を必要としている人がたくさん居て、実は日本のいたる所でそんな場所がまだたくさんあるように思います。

6f139894e8fae2aa185fc5975876e50d_s

商売をするから人の多い場所にお店を構えるのも選択肢としてはありますが、その分ライバルも多く閉店に追い込まれることもあると思います。

需要のある人の場所に飛び込んでいって、かゆいところに手が届く範囲のお店を作って地域の人から愛される、そんな店作りをするのが商売人と消費者の双方が幸せになる方法かもしれませんね!

人生の楽園ではどんなお店になっているのか詳しく紹介されそうです。
気になる方はぜひ放送をチェックしてみてくださいね!

コメント