ルクプルが離婚!原因はモラハラや言葉の暴力?今現在は?【爆報!THEフライデー】

爆報フライデー




ルクプルの2人が久しぶりに共演し、爆報!THEフライデーで再結成されることがわかりました。

1990年に藤田恵美さん、藤田隆二さんの夫婦で結成された音楽ユニットで、「ひだまりの詩」が大ヒットし、年末の紅白歌合戦に出るほどの人気でした。

ル・クプルの2人に一体何があったんでしょうか?

ル・クプル(Le Couple)のプロフィール

写真 2015-09-11 18 55 35

メンバー 藤田恵美(ふじた えみ)1963年5月15日/ボーカル・作詞
藤田隆二(ふじた りゅうじ)1963年11月7日/ギター・作曲

藤田恵美さんは幼稚園のころから劇団ひまわりに入っており、小さい頃から芸能界で活動されていました。しかし、中学1年の頃に演歌歌手でデビューしたもののブレイクには至らず、引退後不動産業をしながらアマチュアの歌手としてライブ活動をされていたそうです。
一方、藤田隆二さんはカントリーバンドのベーシストとして19歳から活動されていました。

藤田恵美さんは今でもCDを出しているようです

二人の出会いは、新宿のライブハウス「ウイッシュボン」だそうです。
1990年に結婚して、一時は音楽活動を休止していたものの、夫婦の趣味として新しい曲を作りライブハウスで演奏していたときにスカウトされ、ル・クプルとしてデビューしたそうです。
大ヒットになった「ひだまりの詩」はドラマ「ひとつ屋根の下2」の挿入歌として使用され、180万枚の大ヒットとなりました。

しかし、その8年後の2005年にはルクプルの活動を休止し、その2年後離婚をされています。

ル・クプルの離婚の原因は?そもそも相性悪いの?

ル・クプルという名前は、仏語でカップルを意味する言葉らしいですが、離婚してしまったお二人。

爆報フライデーでは10年ぶりにスタジオで再開されるとのことですが、言葉の暴力があったそうで、2人が再開するところはかなり険悪なムードになるとのこと。

そもそも相性は良かったのでしょうか?

藤田恵美さんの恋愛観
・一目惚れしやすく恋愛で突進しやすい
わがままになり恋人と争うことが多い
・身近な人と結婚する可能性が多い
家庭で主導権を握りたがり口論が絶えない

藤田隆二さんの恋愛観
・情熱的に行動しストレートに愛を勝ち取るタイプ
結婚に縛られるのを嫌う
・身近な人と結婚する可能性が多い
恋愛と結婚は別と考える傾向がある

 

2人の相性を100点満点で表すと・・・ 59点!

突然恋が盛り上がり、熱烈な恋愛関係に陥りやすい2人。しかし、相手を思いやる気持ちが継続しにくく、反発しやすい相性。
お互いの価値観が近く、趣味や興味が一致しやすく恋愛関係になりやすい。結婚には家族に反対される可能性あり

まさに、2人は大好きな音楽を通じて出会い結婚されたそうなので、相手を思いやる気持ちが継続できず離婚に至ったのかもしれませんね。

お互い情熱的に結ばれて一気に険悪になってしまったのでしょうか?
また再開はどんな感じになるのか気になります。

爆報フライデーで離婚の真実がわかるかもしれません。
気になる方は是非チェックしてみてください!

コメント