小日向えりが引退で彼氏と結婚?企業で社長に?過去の経歴・学歴や年収は?

女性芸能人





芸能界で初めてとなる”歴ドル”こと歴史アイドルとして活躍された小日向えりさん。

2020年5月21日に、芸能界から引退することを発表して大きな話題となりましたよね~!

そんな小日向えりさんが、今現在は会社を立ち上げ企業の社長になっているとか・・・。

彼女が立ち上げた企業というのは、何をしている会社なのでしょうか?

そこで、今回は元”歴ドル”の小日向えりさんのことをピックアップしていきたと思います!

小日向えりさんのwiki風プロフィールをはじめ、過去の経歴・学歴や現在の年収、芸能界引退の理由が彼氏との結婚という噂について追及していきますよ~。

小日向えりさんが芸能界を引退した真相とは一体なんだったのでしょうか?

 

小日向えりのwiki風プロフィール!過去の経歴・学歴や年収は?

まずは、小日向えりさんのことを知ってもらうために、wiki風プロフィールから紹介していきます!

出典:https://torigei.com/tv/kohinata-eri/

  • 本名:喜多尾 衣利子(きたお えりこ)※公表はされていないため、推測となります。
  • 芸名:小日向 えり(こひなた えり)
  • 愛称:ひなんこ
  • 生年月日:1988年1月17日
  • 年齢:32歳
  • 出身地:奈良県
  • 身長:166cm
  • 体重:46kg
  • 血液型:O型
  • 最終学歴:横浜国立大学教育人間科学部卒業
  • 家族構成:両親(父親 母親) 姉2人
  • 職業:元歴史アイドル タレント 女優 代表取締役
  • 所属事務所:元サンミュージックプロダクション
  • 会社:株式会社ぴんぴんころり
  • 趣味:歴史・史跡巡り Tシャツ収集 ドローン ゴルフ
  • 特技:写真撮影 パソコン

以上が、小日向えりさんのwiki風プロフィールとなります。

小日向えりさんのプロフィールを見ていて気になったのが”本名”ですよね~。

”小日向えり”が本名だと思っていた方もいると思いますが、引退発表のコメントで本名ではないことが彼女自身が公表していました。

そのため、小日向えりさんの本名が気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで、彼女の本名を調べてみたのですが、本名は公表されていないためさすがに情報は出回っていませんでした。

ただ、小日向えりさんが立ち上げた会社の情報を調べてみたところ、”喜多尾衣利子”という名前が浮上してきたのです!

会社名も同じですし、代表取締役という役職も同じな上に、名前が”衣利子(えりこ)”ですからね~。

この情報から考えると、”喜多尾衣利子”というのが小日向えりさんの本名になるのではないかと推測しています!

そんな小日向えりさんの過去の経歴や学歴はどうなっているのでしょうか?

出典:https://www.instagram.com/p/B1QbOOwHVzQ/

まず、彼女の学歴についてですが、最終学歴はwiki風プロフィールで紹介した通り”横浜国立大学教育人間科学部卒業”となります。

では、高校はどうかというと、奈良県でもトップクラスの進学校と言われている”奈良県立郡山高校”出身でした!

奈良県立郡山高校は偏差値68で、小日向えりさんが進学された横浜国立大学をはじめ、多くの難関大学に合格者を出している名門校なのですよね~。

そのため、小日向えりさんは”歴ドル”であり”高学歴女子”でもあったということになります。

ちなみに、高校では写真部に所属していて、一眼レフを用いて本格的に写真撮影に取り組んでいたそうですよ!

また、横浜国立大学入学後、芸能界での活動もスタートされています。

続いて、小日向えりさんの経歴はどうなっているのでしょうか?

まず、2008年5月に開催された「三国志の宴3」というイベントで、小日向えりさんは”歴史アイドル”として初めての芸能活動をスタートすることに!

2009年3月には、歴史好きを活かして「歴ドル小日向えりの恋する三国志」という本を出版されています。

小日向えりさんの経歴として有名なのが、2012年4月~2014年3月まで出演されていた「NHK高校講座」ではないでしょうか?

「NHK高校講座」では、世界史のMCとして活躍されていましたからね~。

さらに、2019年4月からは「NHK高校講座」の日本史も担当されていましたよ。

出典:https://ameblo.jp/erikohinata/entry-12449631242.html

また、2015年9月にはアイドルユニット「関ケ原女性武将隊 巴組」のリーダー宇喜多秀家役として活動もされていました!

そして、2016年6月にはNHK大河ドラマ「真田丸」のオフィシャル応援勇士に就任しています。

他にも、関ヶ原観光大使、信州上田観光大使、会津親善大使にも就任されていましたね!

2017年7月には、「株式会社ぴんぴんころり」を立ち上げ、小日向えりさんは代表取締役に就任。

出典:https://ameblo.jp/erikohinata/entry-12292007616.html

その後、2020年5月21日に自身のブログで芸能界から引退することを発表したのです。

こうやって小日向えりさんの過去の経歴を振り返ってみると、本当に歴史に特化したアイドルだったんだなと改めて感じますね~。

そんな小日向えりさんの年収って気になりますよね?

芸能活動している時の小日向えりさんの年収はどれぐらいあったのでしょうか?

彼女の年収を調べてみたところ、過去に年収を公表したという情報が一切ない上に、全く予想もつかないのですよね。

なぜなら、歴史アイドルとしてのギャラが全くわからないからです(笑)。

ただ、歴史関係の仕事があれば、小日向えりさんはほぼ一人勝ち状態だったと思うので、それなりに年収はあったことは予想できますね!

また、小日向えりさんの会社「株式会社ぴんぴんころり」の資本金が”2500万円”と情報が公開されていました。

中小企業の役員(代表取締役)の年収は、資本金2000万円未満で平均年収が553万円、資本金2000万円以上~5000万円未満で平均年収が842万円だと言われています。

もちろん、会社の規模や売上げによって年収はことなりますが、小日向えりさんの年収は600万円~800万円ほどになるのではないでしょうか?

サラリーマンの平均年収に比べると、小日向えりさんの年収の方が上なのは間違いなさそうですよ!

 

スポンサーリンク

小日向えりが引退で彼氏と結婚?

出典:https://twitter.com/erikohinata/status/945677360652730370

小日向えりさんが芸能界引退を発表された際に、一番気になったのが引退の理由です。

あまりに突然の引退発表だったということと、”二度と芸能界に戻ることはない”とコメントしていただけに、引退の理由は彼氏と結婚するのではないか?という憶測も・・・。

小日向えりさんの年齢を考えると、彼氏はもちろんのこと結婚して子供がいてもおかしくない年齢となります。

そこに、芸能界引退というニュースが飛び込んできただけに、”彼氏と結婚するのでは!?”という憶測だけでなく、”デキちゃった結婚なのでは!?”という声も浮上していましたよね~。

ただ、実際のところ小日向えりさんが引退を決断した理由は、2017年7月に立ち上げた「株式会社ぴんぴんころり」に力を入れるためだったのです!

事務所の社長には、”とりあえず籍だけ残しておいて休業にしたら?”と提案されたようですが、中途半端にしたくなかったという思いから、芸能界引退を決断されたそうなのですよね。

そのため、芸能界引退の理由は彼氏との結婚ではありません!

ちなみに、今現在独身の小日向えりさんですが、結婚を考えているような彼氏はいるのでしょうか?

小日向えりさんの彼氏事情を調べてみたところ、今までに熱愛彼氏の情報が出回ったことがないのですよね。

”歴ドル”として結構人気があったので、過去に熱愛彼氏の噂ぐらいは浮上しただろうと考えていたのですが・・・。

引退理由に仕事に関することだったので、小日向えりさんは仕事がまず第一なのかもしれないですね~!

彼女の結婚という嬉しいニュースは、まだ先の話しになるのではないでしょうか?(笑)

 

スポンサーリンク

小日向えりが企業で社長に?

出典:https://ameblo.jp/erikohinata/entry-12292007616.html

小日向えりさんのプロフィール・経歴でも紹介しましたが、彼女は2017年7月に「株式会社ぴんぴんころり」を立ち上げられています。

小日向えりさんは、企業の代表取締役ということですが、おそらく社長も兼任していると思われます。

もし、社長も兼任されているようなら、彼女は企業の代表取締役社長になるでしょうね!

ちなみに、小日向えりさんが社長を務める「株式会社ぴんぴんころり」とは、一体どんな企業なのでしょうか?

調べてみたところ、「株式会社ぴんぴんころり」は”東京かあさん”と”GBER(ジーバー)”という2つのサービスを展開されているようです。

出典:https://www.sankei.com/economy/news/191226/prl1912260171-n1.html

”東京かあさん”とは、「東京にもう一人のお母さんを」というのをコンセプトに、母親目線のライフサポートを行っているとのこと。

あくまでも家事代行サービスではなく、家事や子守、人生相談など基本的には何を頼んでもOKなのだそうです!

本当のお母さんのように、お客様の希望に出来る限り答えてくれるのですよね~。

親元を離れて頑張っている方には、とても魅力的なサービスだと思います!

出典:https://pinkoro.co.jp/

また、もう1つのサービスの”GBER”は、元気高齢者の地域活動をサポートするウェブプラットフォームとのこと。

GBERでは、仕事、ボランティア、趣味や生涯学習などのあらゆる地域活動に対して、そういった地域活動に参加したいと考えている元気な高齢者を結ぶ手助けをしているのです。

高齢者にとって無理のない働き方を提供するために、スキル、時間、場所の3つに分けて、それらを組み合わせることで一人分の労働力として提供するという考え方のようですね!

さらに、コミュニティや地域のイベント情報を電子化することで、高齢者でも簡単に検索できるようにしているとのこと。

GBERによって、元気な高齢者と地域活動が上手く結ばれていくということなのですよ~。

そんな2つのサービスを展開する企業を、小日向えりさんが社長となって立ち上げたということなのです!

そして、この会社に対してさらに力を入れるために、彼女は芸能界引退を決断したのですから。

「株式会社ぴんぴんころり」が、これから先どんな会社に成長していくのか非常に楽しみですね。

”歴ドル”としての小日向えりさんは、もう芸能界で見ることはできませんが、これからの活躍に期待しましょう~!

コメント