井上尚弥!見事TKOでロドリゲスに快勝!WBSS決勝進出!!

スポーツ





そもそもWBSSとは何か?

World Boxing Super Series の略でもともとボクシングには、いろんな団体があり、WBA(Word Boxing Assocication:世界ボクシング協会) 設立:1921年

WBC(Word Boxing Council:世界ボクシング評議会)設立:1963年

WBO(Word Boxing Organzation:世界ボクシング機構)設立:1988年

IBF(International Boxing Federation:国際ボクシング連盟)設立:1983年

があり各世界チャンピオンが居ることになる、王者とランキング15位以内の選手が参加資格を持ち、真の世界チャンピオンを決める大会である。

スポンサードリンク

WBSS事実上の決勝戦と言われた理由

準決勝の相手のIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス選手は事実上の決勝戦と言われていて、苦戦が予想されたが、いざ!開始のゴングが鳴るとたった2ラウンドで勝敗は決まった。

エマヌエル・ロドリゲス(26)戦歴:20戦目 19勝(12KO)1敗

井上尚弥(26) 戦歴:18戦 全勝(16KO)

※両者ともこの戦いを含む

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

次の相手は、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(36)アジア人2人目の5階級制覇を達成したフィリピンの英雄である。年齢を考えるとこの準決勝が事実上の決勝戦というのはうなずけると思う。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
【史上最強の怪物!】井上尚弥 全KO集 14試合 2018年版 Ver 2 All 14 Knockouts of Naoya Inoue

両者の年内の対決が見ものだ!どっちが真の王者として栄誉を勝ち取ることができるのか!!? 日本人として期待したい!

 




スポーツ
スポンサーリンク
トレンド祭り

コメント