時をかける少女(アニメ)の主題歌ガーネットやあらすじは?動画や画像を考察・解説します【ネタバレ有】

漫画・アニメ





時をかける少女は、筒井康隆さんによって1967年に発表されたSF小説です。現在でも映画化やドラマ化・実写化されており、とても人気のある作品ですよね。

その中でも人気の高い、細田守監督のアニメ版「時をかける少女」を考察します。

時をかける少女(アニメ版)のあらすじ

20140717
主人公の女子高生、紺野真琴(こんのまこと)は踏切事故にあったのをきっかけに、タイムリープという時間を過去に戻せる能力に目覚めてしまいます。
初めはその能力を自分の下らないことばかりに使っていますが、何度も過去に戻るたびに自分では気付かなかった感情を意識し始めるようになる…というストーリーです。

 

時をかける少女の劇場予告動画です。
実は、この細田守監督の時をかける少女は1967年に発表された原作の出来事から約20年後の世界を描いている続編なんです。

その割には結構現代っぽい描かれ方をしていますが、親近感があって、見やすい映画になっていると思います。

ちなみにキャラクターデザインは「新世紀エヴァンゲリオン」の貞本義行さんが担当し、美術監督は「もののけ姫」の山本二三さんが担当されています。かなり豪華ですよね。

[ad]

印象的な主題歌は奥華子「ガーネット」

この、時をかける少女を見終わった時の爽やかさや感動を感じる理由の一つに主題歌の良さがありますよね。

YOUTUBEを聞けば分かると思うのですが、透き通るような声と青春の切なさを思い出させるような曲の歌詞がメロディに合わさり映画に欠かせないものになっています。

ちなみにガーネットとは何かというと、石の名前で1月の誕生石だそうです。ラテン語の「種子」を意味する言葉が由来になっていて、別名「勝利の石」と言われているそうです。
困難や障害に負けないでほしいという作者の願いでしょうか?古来から「変わらない愛・一途な愛」としてその証にガーネットを贈ったとも言われているように、「未来で待ってる」と言われた主人公・真琴の心の中を表すような曲名だと思います。

失恋ソングの女王と名高い奥華子さんですが、この染み入るような世界観で結婚式で使われるようなウェディングソングを作ってほしいなと思っています。

時をかける少女の声優は誰?

 

主役          紺野真琴→仲里依紗(女優)
クラスメイト(未来人) 間宮千昭→石田卓也(俳優)
クラスメイト      津田功介→板倉光隆(俳優・声優・ナレーター)

 

仲里依紗さんはこの作品が声優初挑戦だったそうです。
サマーウォーズでも仲里依紗さんと板倉光隆さんは声優を務めています。

20150717_03「未来で待ってる」って言われたい!!

金曜ロードショーで、細田守監督のアニメ版「時をかける少女」が放送されます。
まだ見ていない人にはネタバレしないで、先入観なしで鑑賞してほしい作品だと思います。

コメント