【爆報フライデー】栃木・塩原温泉郷(温泉旅館)の場所はどこ?失踪事件の理由や犯人は?

旅行・スポット





”塩原十一湯”と呼ばれ、栃木県の温泉スポットとして有名な塩原温泉郷。

塩原温泉郷は1000年以上の歴史を持つ温泉郷と言われていますが、場所は栃木県のどこになるのでしょうか?

塩原温泉郷と言えば、過去にある温泉旅館で失踪事件が起こったことでも有名ですよね~。

失踪事件が起こった理由や犯人は誰だったのか気になります!

2020年9月18日放送の「爆報・THEフライデー」で、塩原温泉郷(温泉旅館)で起こった失踪事件がピックアップされるとのことなので、真相に迫ってみたいと思います。

栃木・塩原温泉郷(温泉旅館)の場所はどこ?

出典:https://ja.wikipedia.org/

栃木県の温泉スポットとして知られている塩原温泉郷。

では、塩原温泉郷とは栃木県のどの辺りにあるのでしょうか?

塩原温泉郷や温泉旅館の場所がどこなのか気になりますよ~!

ちなみに、塩原温泉郷というのは、”塩原十一湯”と呼ばれる11箇所の温泉地の総称であって、塩原温泉郷という名称の温泉地や温泉旅館があるわけではありません。

そのため、塩原温泉郷の場所というのは正確に言うと”ない”ということになります。

ただ、塩原温泉郷には塩原温泉旅館協同組合と塩原温泉観光協会が管理している「源泉遺産 塩原温泉郷」という公式ホームページが存在しているのですよね。

なので、塩原温泉郷の場所がどこか尋ねられた際は、塩原温泉旅館協同組合がある場所が紹介されているそうです!

塩原温泉旅館協同組合の場所はこちらになります。

  • 住所:栃木県那須塩原市塩原675-9
  • TEL:0287-32-2248

こちらの塩原温泉旅館協同組合に問い合わせて頂ければ、塩原温泉郷の温泉地や宿泊についていろいろと紹介してくれるようです。

また、塩原温泉観光協会の方では、塩原の観光やイベントについて紹介してくれるとのこと。

  • 住所:栃木県那須塩原市塩原747
  • TEL:0287-32-4000

塩原温泉旅館協同組合と塩原温泉観光協会を押さえておけば、塩原温泉郷の温泉地や温泉旅館、そして観光やイベントはしっかりと把握できると思いますよ!

スポンサーリンク

 

栃木・塩原温泉郷(温泉旅館)の失踪事件の理由は?

出典:http://blog.livedoor.jp/ran163/archives/51789123.html

温泉地や温泉旅館をはじめ、観光スポットとしても人気の高い栃木県の塩原温泉郷。

そんな塩原温泉郷のある温泉旅館では、過去に失踪事件が起こったことがあるのです!

観光スポットで失踪事件なんて、とても気になるニュースですよね~。

2020年9月18日放送の「爆報!THEフライデー」では、この塩原温泉郷で起こった失踪事件がピックアップされるそうです。

「爆報!THEフライデー」では、ミステリー事件簿として”女将をはじめ人が次々失踪する栃木県の恐怖の有名温泉旅館!その理由とは?”と紹介されていましたよ。

この紹介文を見ているだけで、塩原温泉郷で起こった失踪事件がめちゃくちゃ気になりますよね~!

そこで、塩原温泉郷で失踪事件が起こった理由を調べてみることに・・・。

調べてみたら、驚きの事実が判明したのです!

まず、失踪事件が発生したある温泉旅館というのが「ホテル日本閣」という温泉旅館で、温泉旅館経営者の夫婦が失踪したという事件だったのですよね。

そのため、当時は”ホテル日本閣殺人事件”と呼ばれ、大きな話題となっていたとのこと。

では、失踪事件が発生した理由とはどういった内容だったのでしょうか?

まず、当時のホテル日本閣は経営難で、それを知ったある女性が格安で手に入るという噂を聞きつけ、経営者である旅館の主人・生方鎌輔さんに交渉をしたのです。

ただ、その時はこの交渉は失敗に終わってしまったのですよね~。

ですが、後日妻と上手くいかなくなったホテル日本閣の経営者である旅館の主人・生方鎌輔さんから、”妻に対する手切金を用意してくれたら、妻と別れた後に後妻として迎え入れるので、旅館の共同経営者になろう”とその女性に話しを持ちかけたとのこと。

旅館の主人・生方鎌輔さんから持ちかけられた手切金の金額は、その女性にとっては大金だったようですが、旅館をどうしても手に入れたかったために、言われた通りの金額を用意したのです。

これで旅館を手に入れることが出来ると思ったのですが、実際には”妻が別れてくれない”と旅館の主人・生方鎌輔さんから言われてしまったのですよね。

このままでは旅館を手に入れることができないと思ったこの女性は、”女将である妻がいなくなれば旅館が手に入る”と思ったのでしょう。

すると、旅館の女将である妻のウメさんが失踪するという事件が発生したのです!

妻のウメさんがいなくなったことで、その女性は旅館の主人・生方鎌輔さんと共同経営者になったのですが、実際には旅館はその女性のものにはならなかったとのこと。

おそらく、旅館の主人・生方鎌輔さんが持ちかけた共同経営者という話しは名ばかりのもので、その女性が旅館の経営を任されることはなかったのでしょうね。

そればかりか、旅館の主人・生方鎌輔さんは”女将のウメが失踪したのはその女性のせいだ!”という噂まで周囲に流していたとのことなのです!

それを知ったその女性は旅館の主人・生方鎌輔さんに怒りを覚え、後日旅館の主人・生方鎌輔さんも失踪するという事件が起こったとのこと。

塩原温泉郷の温泉旅館で起こった失踪事件の理由とは、旅館の経営権にまつわるものだったということになりますよね~。

この旅館の経営権を手にするために、その女性は失踪事件を起こしてしまったということになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

栃木・塩原温泉郷(温泉旅館)の犯人は誰だったの?

出典:http://intakeinfo.jp/archives/9513

栃木縣にある塩原温泉郷の温泉旅館で起こった失踪事件の理由はわかりましたが、気になるのは失踪事件を起こした犯人ですよね。

先ほど紹介した失踪事件が起こった理由を見てもらえたら、旅館の経営権を欲したある女性が犯人だということは誰もがわかることでしょう。

ちなみに、このある女性というのは当時塩原温泉郷の界隈でお土産屋さんや食堂を経営していた「小林カウ」という女性で、この失踪事件によって戦後初となる女性死刑囚となったのです!

ただ、この失踪事件の犯人はこの小林カウさん一人ではなく、実はもう一人犯人がいたのですよね~。

そのもう一人の犯人というのが、旅館で雑用係として働いていた大貫光吉さんだったのです。

出典:https://kondousan.com/bakuhou-sissoujikenn-onnsennryokann-hannninn-dare-1113

この失踪事件は、小林カウさんと大貫光吉さんの二人が犯人という、驚きの事実が隠されていたのですよ!

事件の真相はというと、塩原温泉郷界隈でお土産屋さんや食堂で成功していた小林カウさんが、お経営難になっていた温泉旅館「ホテル日本閣」の経営に興味を持ったことから始まります。

失踪事件が起こった理由でも紹介した通り、小林カウさんは旅館の主人である生方鎌輔さんに交渉したものの、残念ながら交渉は失敗に・・・。

ただ、生方鎌輔さんから要求された手切金を用意し、別れてくれないというウメさんを失踪させることで、小林カウさんは旅館の経営権を手にしようと考えたのですよね。

ちなみに、妻のウメさんを殺害したのは小林カウさんではなく、旅館の雑用係をしていた大貫光吉さんだったとのこと。

ここで気になったのが、小林カウさんがどうやって大貫光吉さんを利用できたのかです!

諸説では、「女性にあまり免疫のなかった大貫光吉さんを誘惑し、女将・ウメの殺害計画を実行した」とあります。

おそらく、小林カウさんが色仕掛けを使って誘惑し、大貫光吉さんを上手く共犯者に仕立てたのでしょうね~。

そんな大貫光吉さんは、一度目は失敗してしまうのですが、二度目で女将のウメさんを殺害することに成功。

そして、殺害したウメさんを見つからないようにボイラー室の土間に埋めてしまったのです!

これによって、旅館の女将であるウメさんの失踪事件が起こったということなのですよね。

実は、女将のウメさんの殺害・失踪事件には、小林カウさんは直接自分の手を汚していないのです。

全く動機のない大貫光吉さんが起こしたということもあり、この失踪事件は難解事件となってしまったのでしょうね。

女将のウメさんが失踪したことで、旅館の共同経営者になれたものの、実際には旅館の経営権を手にすることができなかった小林カウさん。

さらに、”女将のウメが失踪したのはその女性のせいだ!”と旅館の主人である生方鎌輔さんに噂を流されたことで、今度は彼の殺害計画を企てることに・・・。

この殺害計画を実行したのが、女将のウメさんを殺害してから約10ヵ月後のことだったと言われています。

この時も、小林カウさんは大貫光吉さんを利用し、大貫光吉さんが生方鎌輔さんの首を絞め、彼女が包丁で刺して殺害したとのこと。

その後、生方鎌輔さんの遺体を床下に埋めたことで、女将のウメさんの時と同様に失踪事件へとなったのですよね~!

女将のウメさんを殺害した時は、小林カウさんは直接手を汚すことはありませんでしたが、旅館の主人である生方鎌輔さんを殺害した時は、彼女自身が直接手を汚していました。

そう考えると、旅館の経営権を手にすることができず、さらに女将のウメさんの失踪事件の犯人という噂を流されたことで、生方鎌輔さんへの殺意が強かったのではないかと思います。

この失踪事件は、旅館に二人の遺体を隠したということと、犯人が二人いたということで未解決事件となっていたのですが、思わぬ形でこの失踪事件は解決へと向かうのですよね。

実は、共犯者であった大貫光吉さんが別の事件(窃盗)で警察に逮捕された際に、この失踪事件のことまで自白してしまったのです!

大貫光吉さんの自白を元に、生方鎌輔さんとウメさんの遺体が見つかったことで、この失踪事件は急展開を迎え解決へと導かれたのですよね~。

そして、主犯格の小林カウさんも逮捕されることに・・・。

これだけでも十分驚きの事件なのですが、小林カウさんにはさらに予想もしていなかった事実が発覚するのです!

実は、小林カウさんは栃木県に移る前に、結婚していた当時の夫を殺害していたというのですよね。

しかも、夫を殺害した理由が”若い警察官の男性と恋に落ちてしまったから”とのこと。

そのため、邪魔になった夫に風邪薬と偽り、青酸カリを飲ませて殺害したというのです!

この事件は、1952年10月2日に発生した「熊谷事件」と言われているようですね。

結局は、その若い警察官の男性とは、約2年ぐらいで破綻してしまったそうですが・・・。

小林カウさんという女性は、自分の欲望を満たすために殺人・失踪事件を起こしてしまったということになりますね。

逮捕された小林カウさんと大貫光吉さんは、死刑が確定しすでに死刑は執行されているとのこと。

そのため、小林カウさんは戦後初となる女性死刑囚となり話題になったということです!

この失踪事件に興味を持った方は、ぜひとも2020年9月18日に放送される「爆報!THEフライデー」をご覧になってみてください。

コメント