小久保裕紀(監督)の妻や家族が気になる!巨人へトレードの理由とは?【徹子の部屋】

スポーツ選手





野球・日本代表として侍ジャパンを引っ張る、小久保裕紀監督が徹子の部屋に初出演されます!
侍ジャパンで背番号90をつけているのは、今まで一番影響を受けた王貞治さんに関係があるそうです。

もうすぐ世界野球プレミア12の開幕戦が始まりますが、日本を引っ張る監督である小久保さんについてまとめてみました。

小久保裕紀さんのプロフィール

写真 2015-11-05 11 36 06

名前 小久保 裕紀(こくぼ ひろき)
生年月日 1971年10月8日
出身地 和歌山県和歌山市
出身校 和歌山市立砂山中学校
出身校 和歌山県立星林高等学校
出身校 青山学院大学
職業 監督/野球解説者/野球評論家(元プロ野球選手)
身長 182センチ
体重 87kg

・プロ入り前の青山学院大学時代、主将となり青山学院初の大学野球日本一になった
・1992年のバルセロナオリンピックの野球日本代表に唯一大学生で選出された

おおよそ年棒は1200万円、契約金は最高額1億6000万円で福岡ダイエーホークスに入団した小久保さん。
約10年間ほどダイエーでプレーした後、2003年のシーズン終了後に無償トレードで巨人へ移籍した過去があります。
プレースタイルは、一本足打法で、安定感はないが打球を高く上げてホームランを放つことができ、満塁が得意で、歴代1位の王貞治さんより2本少ないだけの13本塁打を放っています。

小久保裕紀さんの妻や家族はどんな人なの?

実は小久保選手、2009年に4歳年上の奥様と離婚されています。
13年間結婚生活をしていたのですが、二人の間には長男と長女2人の子供がいるそうです。

離婚の理由は小久保さんの不倫が原因だったそうで、立花麻理さんというアナウンサーだといわれています。

写真 2015-11-05 11 35 15

不倫した上に同棲までしていたとのことで、関係者行きつけの会員制の店で2人が親しげにしていたという目撃もあったと言われています。

元々、立花さんだけではなく、ほかの女性の影が見えたり、女性関係が派手だったそうで、離婚も時間の問題だったのかもしれませんね。
ちなみに、まだ再婚はされていませんが、恋のうわさが多いだけに再婚もアリのような気がします。

選手時代の謎・ダイエーから巨人への無償トレードの理由

現役だった小久保さんは、約10年ほどダイエーの選手として活躍していましたが、2003年に巨人へ電撃無償トレードをし、かなり話題になったことがありました。

当時は無言を貫いていた小久保さんでしたが、現役を終え自叙伝を出版し当時のことについて赤裸々に語っています。

実は、トレードを訴えたのは僕自身なんです。ホークス以外ならどこでもよかった

当時のダイエーのフロントはひどかった。外部の人間は入れない決まりの選手サロンに、夜の世界の派手な女性を連れてきたり、ヒーローインタビューに登場する選手に、彼女達と写真を撮ることを強要したり。そういうことに、私は選手会長として猛抗議してきました。フロントとしては面白くなかったでしょうけどね

出展:小久保裕紀氏 巨人への電撃無償トレードの内幕を初めて語る

ミスターホークスと呼ばれるほどの球団の中心選手であった小久保さんでしたが、フロントとの確執があったようですね。低迷期からチームを支えていたのに、かなりの不信感が募っていたようです。
実際他の選手からも不満が出ていたとのことで、成績とは関係のないグッズの売り上げを年棒の査定に入れていたようで、球団側の対応がひどかったことが原因のようでした。

徹子の部屋では、また新たな暴露話が聞けるかもしれません。
侍ジャパンの様子や、世界野球プレミア12についての情報を期待しましょう!

コメント