妊娠中にこそ離婚したくなる?!原因やそんな時に試してほしい3つのこと

【子育て知育】マタニティ





妊娠中というのはホルモンバランスが崩れたり、小さなことでもストレスに感じやすくなり、気が張りやすい時期でもあります。

特に初産であれば、自分の体の変化や知らないことに追われて、今までやっていたことができなくなったり、つわりなどで体調面でも苦しい時期が続いたりします。

そういう時だからこそ、パートナーである夫の態度や、周りの無神経さに苛立ったりすることって意外と多いものです。

149370

例えば、タバコ・飲酒・飲み会をやめてくれない
つわりでご飯の匂いをかぐのも辛いのに料理を手伝ってくれない

妊娠中の体はものすごい勢いで変化しているのですが、男の人の方は全くといっていいほど変化がありません。むしろ最近、家事や自分に対する態度が雑だなと思ってしまう男の人が居るぐらいです。

そう思い始めると「離婚したい!」という言葉が頭に浮かび始めるのですが、
その結論、本当に正しい答えですか?

そんな時にこそ、一度試してほしいことがあります。

1 夫やパートナーを嫌いになったのはホルモンのせい?

普段であれば、なんとも思わないようなことも妊娠初期には気になって仕方がなくなることがあります。妊娠初期に増加するプロゲステロンというホルモンが、精神状態を不安定にしイライラしやすくなっているためです。

090213

また、つわりの時に「夫の匂いが嫌いになった」と感じる方も居るようです。
夫の体臭だけでなく、女の人は妊娠すると嗅覚が鋭くなります。
これらはホルモンのせいで一時的に起こるもので、つわりが終われば全く気にならなくなります

もし体臭や臭いで気分が優れなくて辛い時は、換気やマスク、空気清浄機を買うことで解決できるので一度試してみてはどうでしょうか?

それでも本当に離婚を考えてしまうようなら、つわりが終わってから冷静に判断したほうが間違いがないと思われます。

≪簡単に夫婦仲を改善する方法がかなり効果的!≫は次ページへ

コメント