菅田将暉が裁縫&ミシン男子!徹子の部屋で高知の祖父の話…洋服センスはどうなの?

徹子の部屋




7月16日火曜日のお昼12時から放送されているテレビ朝日系「徹子の部屋」に、俳優やミュージシャンとして活躍されている菅田将暉さんが出演されます。

主演を務められたドラマ『3年A組』が大ヒットし、今まで以上に大きな注目を集めている菅田将暉さんが、「徹子の部屋」でどんなことを話されるのか非常に楽しみですよね!

「徹子の部屋」では、意外な趣味として知られている”裁縫男子”になったキッカケや、菅田将暉さんの祖父の話しなどをされるようです。

そこで今回は、菅田将暉さんのプロフィールをはじめ、洋服のセンスや気になる高知の祖父や父の存在について調べて紹介していきたいと思います!

菅田将暉のwiki風プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

菅田 将暉 (Masaki Suda)さん(@masakisuda20)がシェアした投稿

すでに知っている方も多いと思いますが、まずは菅田将暉さんがどんな方なのか、プロフィールを紹介します。

本名:菅生 大将(すごう たいしょう)

生年月日:1993年2月21日

出身地:大阪府箕面市

身長:176cm

体重:57kg

血液型:A型

家族構成:父親、母親、弟2人

学歴:箕面市立第一中学校卒業、大阪府立池田高校中退

趣味:ダンス、ギター、ピアノ、漫画、サッカー、アメフト、裁縫、お笑い

所属事務所:トップコート

デビュー年:2009年

デビュー作:仮面ライダーW(主演のフィリップ役)

以上が、菅田将暉さんのwiki風プロフィールとなります。

プロフィールを見ていて気になったのが学歴ですよね。

菅田将暉さんは、中学卒業後地元大阪の池田高校に進学するも、2009年夏頃に中退されています。

そのため、菅田将暉さんの最終学歴は”中卒”ということになるのです!

実は、菅田将暉さんは芸能活動に専念するために、高校を中退し一人で上京されています。

東京には堀越高校など、芸能コースのある高校もあるため、転入することも可能だったと思いますが、菅田将暉さんは転入されなかったみたいですね。

おそらく、菅田将暉さんなりの覚悟みたいなものがあったのではないでしょうか?

多くの方は、将来の保険をかけるためにも、高校までは卒業しておこうと考えると思いますが、菅田将暉さんはそうではなかったようです!

その覚悟があったからこそ、今の売れっ子俳優の菅田将暉さんがあるのではないでしょうか?

また、菅田将暉さんの多趣味にも驚かされました。

現在はミュージシャンとして音楽活動もされているので、ピアノやギターはわかります。

お笑い好きは関西人ならではでしょう!

意外だったのがサッカーやアメフトですよね。

正直、あまりスポーツをされているイメージがなかったですし、高校時代にアメフトをやっていたというのは全く想像していませんでした。

そして、初めて菅田将暉さんのプロフィールを見た方は、趣味が”裁縫”というのに驚くのではないでしょうか?

スポンサーリンク

菅田将暉は裁縫好き?!ミシン男子なの?…洋服センスは良い?

菅田将暉さんの裁縫好きというのは、テレビでも放送されたほど知られている情報です。

あの「情熱大陸」でも、菅田将暉さんの裁縫男子っぷりは、しっかりと放送されていましたからね(笑)。

気になるのが、なぜ菅田将暉さんが裁縫に興味を持ったのか?ですよね。

実は、菅田将暉さんの母方の祖父は、テーラーという仕立て屋をやられていたようで、菅田将暉さんはその仕立て屋の2階で自宅出産で産まれたとのこと。

小さい頃から祖父の仕立て屋に出入りしていたため、元々洋服には興味を持っていたようなのです。

そんな菅田将暉さんに、裁縫男子になった決定的なキッカケとなったのが、ある男性との出会いだったのです!

その男性というのが、洋服の型紙を作るパタンナーをされている高原凌さん。


出典:https://hasepoyo.com/

モデルとしてたまたま来ていた菅田将暉さんに、高原凌さんが声をかけたことが、菅田将暉さんが裁縫男子になったキッカケと言われています。

さらに、菅田将暉さんが裁縫男子のスタートを切るキッカケとなったのが、明石家さんまさんに自作のスカジャンをプレゼントするためだったのです!

菅田将暉さんは、「さんまのまんま」に出演する際に、明石家さんまさんに服をプレゼントしようと考えたようなのですが、せっかくなら自分で作った服をプレゼントしたい!と思い、初めて自分の手で服を作ったようですね。

明石家さんまさんにプレゼントしたスカジャンは、実際には丈が短かったようですが・・・(笑)。


出典:https://thetv.jp/


出典:http://yainnovator.com/

そこから菅田将暉さんは裁縫好きとなり、今では高原凌さんと村田裕平さんの3人で、秘密のアジトで裁縫に営んでいるようです!

ちなみに、裁縫男子のことをミシン男子とも言うようですが、芸能界には菅田将暉さん以外にもミシン男子がいるのです。

芸能界のミシン男子は、綾野剛さん、岡田義徳さん、オダギリジョーさんなどが有名です!

綾野剛さんは、ドラマの衣装のボタンを自身で全て付けられたり、岡田義徳さんは菅田将暉さん同様、服を作ったりリメイクもできるようです。

そして、オダギリジョーさんはミシンを2日で使いこなせるようになり、今では服作りに没頭してしまうこともあるとのことです。

菅田将暉さん以外にも、裁縫男子・ミシン男子はいるものですね(笑)。

裁縫男子・ミシン男子として、自身で服を作る菅田将暉さんですが、洋服のセンスはどうなのでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

菅田 将暉 (Masaki Suda)さん(@masakisuda20)がシェアした投稿

正直、服のセンスは人それぞれですし、好みもあるので判断するのが難しいですよね。

そのため、菅田将暉さんの服のセンスが良いのかはわかりませんが、一言で言うと”個性的”だと思います!

”こんな服着るんだ!”とか、”どこでその服売ってるの?”と思ってしまうようなセンスの服が目立ちますよね。

おそらく、売ってる服ではなく自身で作っている服なのでしょうね(笑)。

そんな菅田将暉さんですが、実は2016年に行われた「服のセンスが理解できない芸能人ランキング」で、まさかの第3位に・・・。

あくまでも、”センスが理解できない”であって、”センスが悪い!”と言われているわけではないですからね。

やはり菅田将暉さんの服のセンスは、個性的ということなのでしょう!

スポンサーリンク

菅田将暉の高知の祖父や父の話

菅田将暉さんの母方の祖父は仕立て屋をしているというのは先ほど紹介しましたが、父方の祖父もある意味で有名な存在なのです。

父方の祖父は高知に住んでいるのですが、実は度々菅田将暉さんから祖父とのエピソードが紹介されているのですよね。

2016年に菅田将暉さんが出演された映画「セトウツミ」の舞台あいさつで語られたことえ、撮影中に突然祖父が観に来たようで、その時になぜか2万円を手に持ち大きく振っていたとのことなのです。

さらには、菅田将暉さんに声をかけているファンのために、喜ばせようと思ってファンに混じって菅田将暉さんのことを呼んでいたとのこと。

これには共演していた池松壮亮さんも、”かわいかった”と言っていましたね(笑)。

また、高知の祖父はスナックをされているようなのですが、そこで家族でカラオケをしていたことが、現在の菅田将暉さんの音楽活動のキッカケにもなっているようです!

最近の話しだと、2019年5月13日に放送された「菅田将暉のオールナイトニッポン」で話されていたことなのですが、GW中に祖父の高知の元を訪れた時に、突然祖父から家宝を受け継いだとのことだったのです。

そして、その家宝というのが真剣の日本刀だったとのこと!

最初は驚いた菅田将暉さんですが、祖父から”家宝を託す”と言われた以上、ちゃんとしないといけないなと考えているようです。

ただ、ここで1つ疑問に思ったのが、なぜ祖父から孫の菅田将暉さんに家宝が受け継がれたのか?です。

普通なら、祖父から父、父から子に受け継ぐものですよね?

そのため、もしかしたら菅田将暉さんの父親はいないのか!?と思ったのですが、菅田将暉さんの父親は健在ですし、実は父親も有名な方でした!


出典:https://ameblo.jp/sugou-arata/

菅田将暉さんの父親は、菅生新(すごう・あらた)さんという方で、テレビやラジオのパーソナリティーとして活動されています。

それ以外にも、経営コンサルタントとしてベンチャー企業をサポートしながら、全国各地で講演会を行っているとのこと。

ちなみに、大学時代には時代劇役者として、「水戸黄門」や「大奥」などに出演されていたようです。

菅田将暉さんにとっては、父親でもあり俳優としては先輩でもあるということですね!

いつかは菅田将暉さんをはじめ、身内を集めて番組を企画してはどうでしょうか?

かなり面白い番組になりそうな気がしますね(笑)。

これからも菅田将暉さんの活躍に注目していきましょう!

コメント