小澤詠子(うたちゃん)豊島/看護師セブンルールや経歴は?瀬戸内海・てしまとは?

セブンルール




2019年9月3日火曜日の夜23時から放送されるフジテレビ系「セブンルール」に、瀬戸内海の離島・豊島(てしま)で、常勤看護師として働いている小澤詠子さんが出演されます。

人口約800人で過疎化が問題視されている深刻な豊島(てしま)で、小澤詠子さんはどんなセブンルールを掲げているのでしょうか?

そこで今回は、小澤詠子(豊島の看護師)さんのwiki風プロフィールをはじめ、経歴や番組で語られたセブンルールについて紹介したいと思います。

また、小澤詠子さんが住む瀬戸内海の離島・豊島(てしま)がどんな所なのかも詳しく見ていきますよ~!

スポンサーリンク

小澤詠子(豊島/看護師)のうたちゃんのwiki風プロフィール

出典:https://www.ishikawa-tv.com/reccomend/tue.html

まずは、小澤詠子(豊島の看護師)さんのことを知ってもらうために、wiki風プロフィールから見ていきましょう!

  • 名前:小澤 詠子(おざわ うたこ)
  • 愛称:うたちゃん
  • 生年月日:不明
  • 年齢:39歳
  • 出身地:大阪府
  • 最終学歴:立命館大学経営学部卒業
  • 准看護学校:小豆島准看護学院
  • 看護学校:高松市医師会看護専門学校
  • 職業:看護師
  • 家族構成:夫 子供2人

以上が、小澤詠子さんのwiki風プロフィールとなります。

小澤詠子さんは、過去にもNHKの番組などに取り上げられたことがあり、知っているという方もいるのではないでしょうか?

出典:http://www.rsk.co.jp/tv/message/bn/20150902.html

ただ、いち看護師であり、芸能人というわけではないの、プロフィールはそれほど出回っていなかったです。

ちなみに、小澤詠子さんは小さい頃から看護師になるのが夢だったとのこと。

現在看護師として働かれているので、小さい頃からの夢を叶えたのだと思われていますが、実は小澤詠子さんは一度夢を諦めた過去があったのです!

小澤詠子さんが高校生の時に、父親をガンで亡くされたのですが、その時担当してくれた看護師さんから言われた一言で、看護師になるという夢を失ってしまったとのこと。

当時の担当看護師にどんな言葉を言われたのかは定かにはなっていません。

ただ、小さい頃からの夢を失ってしまうほどなので、小澤詠子さんにとって相当ショックなことを言われたというのは想像できます。

そんな挫折・苦難を乗り越え、現在では”うたちゃん”という愛称で呼ばれ、小澤詠子さんは豊島の人達には欠かせない存在となっているのですね!

ちなみに、小澤詠子さんは結婚されていて、現在は夫と2人の子供と一緒に生活しています。

ただ、その生活も豊島が中心となっているようで、夫と2人の離島・豊島(てしま)子供は高松市内に住んでいて、小澤詠子さんは豊島にも住むところがあります。

その時の状況で、夫と子供がいる高松の自宅に帰るか豊島の家に帰るのか決めているとのことです。

出典:http://www.alterna.co.jp/26660/2

また、看護師として働く以外にも、小澤詠子さんはいろんな講義や活動にも参加さてれいます。

現在の代表的な活動としては、トヨタ財団が5月14日に開催した、トヨタ自動車の問題解決手法をNPO向けに伝えるトヨタNPOカレッジ「カイケツ」への参加です。

トヨタ財団は2016年から、社会課題解決の担い手であるNPOに、問題解決力を身に付けてもらうことを目的に「カイケツ」という活動をスタートされました。

小澤詠子さんは、この活動に参加し少子高齢化が深刻化する豊島で、住み慣れた地域で最後まで暮らせる環境を維持し、望まない島外流出を防ぐために頑張っているようです!

ここまで豊島のことを考えて行動されている方は、小澤詠子さん以外いないのではないでしょうか?

だからこそ、小澤詠子さんは豊島の住人達から、”うたちゃん”という愛称で愛されているのでしょうね~!

スポンサーリンク

小澤詠子(豊島/看護師)のうたちゃんの経歴やセブンルールは?

出典:https://oggi.jp/6052356

高校生の時に、小さい頃だった看護師になるという夢を失ったと紹介しましたが、それではなぜ小澤詠子さんは、現在豊島で働くことになったのでしょうか?

その理由は、立命館大学のサークル活動で、産廃の不法投棄が問題となっていた豊島を訪れたことだったのです!

豊島の産廃の不法投棄が問題について勉強された小澤詠子さんは、豊島の島民から「学んだ事をどう活かすのか?」と問われたことが、かなり衝撃的だったとのこと。

その言葉が忘れられなかった小澤詠子さんは、大学卒業後、高松市内の医療機関に就職し、週末は豊島に通うという日々を送ることになったのです!

実際に豊島に移住し、豊島の現状を知っていく中で、いずれは豊島から看護師が1人もいなくなるという現実に直面したのです。

そんな豊島の現実を知ってしまった小澤詠子さんは、一度は諦めた看護師になるという夢を、再び追うことになります。

ちなみに、看護師を目指すことを決意したのは2009年で、小澤詠子さんはすでに29歳でした。

看護師になるまでの経歴が下記となります。

出典:http://blog.livedoor.jp/iamthat/archives/67442743.html

  • 2009年 小豆島准看護学院入学
  • 2011年 准看護師の資格取得
  • 2014年 正看護師の資格所得

ただ、小澤詠子さんには年齢よりも、豊島への熱い想いの方が勝っていたのでしょう!

2009年に看護学校に入学すると、准看護師の資格・正看護師の資格と取得し、看護師としての経歴を積み重ねていきます。

そして2019年現在、豊島の豊島巡回診療所に勤めているのです!

そんな小澤詠子さんが、「セブンルール」出演でどんなセブンルールを紹介してくれるのでしょうか?

出典:https://tvguide.myjcom.jp/detail/?channelType=2&serviceCode=56368_31878&eventId=45296&programDate=20190903

小澤詠子さんのセブンルールについては、番組放送終了後、改めて追記していきたいと思います!

スポンサーリンク

小澤詠子(豊島/看護師)が住む瀬戸内海・てしまとは?

出典:https://tabippo.net/teshima-spot/

小澤詠子さんのことを知ってもらう中で、どうしても気になるのが、小澤詠子さんが住む瀬戸内海・豊島(てしま)ですよね?

高松市から高速船で30分で行けるとはいえ、瀬戸内海の離島というだけあって、豊島(てしま)は交通の便が良いわけでもありませんし、都会に比べたら何もない場所だと思われているでしょう。

深刻化な問題となっている過疎化は進んでおり、高齢化率は50・2%に上昇していると言われています。

過去には、豊島は産業廃棄物の不法投棄問題で大きく取り上げられることとなりましたが、現在は現代アートの島として多くの観光客を集めているのです!

現在の豊島は”食”と”現代アート”が有名な島なのですよ~!

豊島には様々な食材があることで有名で

  • 棚田の米、野菜
  • オリーブ
  • レモン
  • イチゴ
  • 柑橘
  • 海苔
  • そうめん

といった食材がよく取り上げられています。

また、観光地としての見所もたくさんあります!

  • 豊島美術館
  • 豊島横尾館
  • 心臓音のアーカイブ

などが有名な観光地として知られ、他にも豊島の古き文化を楽しめる場所もあるのです。

一部ではありますが、豊島の観光名所を紹介します!

豊島美術館

 

この投稿をInstagramで見る

 

豊島美術館超格好良かった。 #西沢立衛#豊島美術館#瀬戸芸

∠crammed favorite)さん(@kyanakoro_)がシェアした投稿 –


アーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による「豊島美術館」。

豊島に来た際には、絶対に立ち寄ってもらいたい観光名所です!

唐櫃棚田風景 (豊島棚田)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@botansakura0516がシェアした投稿


豊島美術館の前に広がる、緑が美しい「唐櫃棚田風景」。

食が自慢の豊島ならではの景観と言えますね!

心臓音のアーカイブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

色んな人の心臓の音が聞ける。

@ akico.5がシェアした投稿 –


クリスチャン・ボルタンスキーが収集した、世界中の人々の心臓音を聞けるアート作品「心臓音のアーカイブ」。

ここは、実際に訪れ体感した人にしかわからない観光名所です(笑)。

他にも、池の中央に生と死を象徴する現代のモニュメントが出現するというアート作品が楽しめる”トムナフーリ”。

出典:http://benesse-artsite.jp/art/tom-na-h-iu.html

空に粒子が舞うかのような、円形に切り出されたコールテン綱をつなぎ合わせて制作された作品”空の粒子”などが見所です!

出典:https://triipgo.com/10530

他にも、豊島にはたくさんの魅力があります!

小澤詠子さんが「セブンルール」に出演したことをキッカケに、多くの方に瀬戸内海の豊島に興味をもってもらいたいですね!

コメント